コラム

判断力のある頭の回転の早い選手になりたい!! 今から始める“サッカーレシピ”

2017年01月13日

次のプレーをどうするか?試合中は判断が必要な局面が多くあります。「考えるサッカー」を実現するためにはどうすれば良いのでしょうか。1月17日発売の『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル 新装版』から子どもの脳の発育や機能を高めるレシピを紹介します。

(監修●森裕子/名古屋グランパス栄養アドバイザー 写真●佐藤博之)

『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル 新装版』より一部転載


0113images食事

脳の発達や機能を高める栄養素といえば…

 パスをどこに出すのか、どこに動けばいいのかなど、プレー中は「考える」機会が多いもの。このとき、糖質が思考のエネルギー源となります。糖質は砂糖からも摂取できますが、ここは、タンパク質、ビタミンや ミネラルも含まれるご飯やめん類などの炭水化物をオススメします。

 また、空腹のまま練習や試合に参加しないことも大切。空腹の状態は脳のエネルギーが不足してしまい、判断力が欠けてしまうのです。よって、試合や練習前 におにぎりやパンなどの補食を取るのがベスト。また、脳の発達や機能を高める栄養素、DHA(ドコサヘキサエン酸)を摂るのも効果的です。

■ポイントとなる栄養素

・炭水化物
・DHA

■調理のポイント

・青魚を料理に使う
・消化吸収のいいものを意識する

syokudo001

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク