関東選抜少年サッカー大会、神奈川県TC U-12が2連覇を達成!!/決勝レポート

2017年02月28日

014

(文・写真●山本浩之)

神奈川県TC U-12が2連覇を達成

 2月25日(土)、26日(日)の2日間に渡り、茨城県ひたちなか市総合運動公園で「第27回関東選抜少年サッカー大会」があり、決勝では神奈川県TC U-12が埼玉県TC選抜1-0で破り優勝を飾った。

 本大会は、関東8都県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、山梨県、茨城県、栃木県、群馬県)の16チームと、東北6県(青森県、秋田県、山形県、岩手県、宮城県、福島県)、そして長野県、新潟県より1チームずつの計24の選抜チームが参加。試合形式は8人制による45分間(15分×3ピリオド)で行われた。

 決勝は午後2時のキックオフ。試合が動いたのは第3ピリオド。それまでは両チーム互角の試合運びをみせた。

 第1ピリオドは、神奈川県TC U-12(以下、神奈川TC)がパスをつなぎながら前にボールを運ぶ機会をうかがっていたが、そこに埼玉県TC選抜(以下、埼玉TC)がプレッシャーをかけた。ともにボールを奪うとシュートまで持っていくこともあったが決め手に欠き、0-0のままで15分間を終えた。

 第2ピリオドになると、どちらも相手ゴールに向かう姿勢をみせたが、ボールを落ち着けることができないまま時間だけが過ぎていく。終盤になって神奈川TCが攻勢にでたが、間もなく第2ピリオド終了のホイッスルが吹かれた。

 そして、最終の第3ピリオド。延長戦も視野に入ってくるような、試合時間も残りわずかとなった時だった。 神奈川TCはコーナーキックからのボールを4番・高井幸大くんが頭で合わせてゴールネットを揺らした。スコアが動いたことで 埼玉TCの反撃は激しさを増したが、すぐにタイムアップ。神奈川TCが2連覇を達成した。
 
 試合終了間際の劇的なゴールに喜びを爆発させた神奈川TCにとっては、このメンバーでのラストマッチだった。選手たちはジュニアサッカーを卒業し、次のステップへと羽ばたいていく。

 そんな教え子たちに向けて神奈川TCの藤原隆詞コーチは「自分たちの目標としている、プロサッカー選手や日本代表、そして世界で通用する選手になるためには、これまでの(ジュニアやトレセンでの)活動で結果がでたからといっても調子に乗っていてはダメです。

 これからサッカー選手として後退してしまうのか、進化できるのかは自分次第です。今に満足するのではなく、『もっともっと進化する!』という気持ちで前に進んでもらいたいと思います」とエールを贈った。

■優勝 神奈川県TC U-12 藤原隆詞コーチのコメント
コンセプトとしては「ボールを扱い、相手を扱い、主導権を握って相手を圧倒していく」ということで1年間やってきました。ボールを扱うというのは、止めて・蹴るというパス・アンド・コントロールです。ドリブルもそうですね。でも、サッカーなので最後はゴールを狙うわけです。だから、どうやって相手を崩すとか、どうやって相手を剥がすのかということが大切になってきます。それが相手を扱うということです。つまり、ボールを扱って大事にしながらも、最後には相手を扱ってゴールに向かいやすくするということです。選手たちには、そんな話を今までずっとしてきました。この大会では、スポーツである限りは勝ち負けが存在しますから、「勝つためにはどうしたらいいのか?」ということを話しながらやってきました。

<関連リンク>
第27回関東選抜少年サッカー大会

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!
ga

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク