コラム

大人になってからでもうまくなるから、親が焦る必要はない。三人のサッカー少年を息子に持つ大久保嘉人選手の“親の心得”とは

2017年03月02日

現在、三人の男の子を持つFC東京の大久保嘉人選手。今年1月にはTV番組『はじめてのおつかい』で橙利くんをおつかいに送り出す様子が放映されるなど、家族愛に溢れたサッカー選手としても有名です。最新号『ジュニアサッカーを応援しよう!VOL.44』(2017年3月6日発売号)では、その大久保選手にインタビュー。今回はその一部を紹介します。

取材・文●後藤勝 写真●Getty Images

ジュニアサッカーを応援しよう!VOL.44』より一部転載


無理強いしてまでサッカーをやらせたくない

KASHIMA, JAPAN - FEBRUARY 25:  Yoshito Okubo of FC Tokyo and Gen Shoji of Kashima Antlers compete for the ball during the J.League J1 match between Kashima Antlers and FC Tokyo at Kashima Soccer Stadium on February 25, 2017 in Kashima, Ibaraki, Japan.  (Photo by Hiroki Watanabe - JL/Getty Images for DAZN)

──大久保選手のお子さんは三人ともサッカーをやっているそうですが、同じスクールに通わせているのですか?

大久保嘉人(以下、大久保) いえ、それぞれちがいます。無理やりやらせているわけではなく、子どもたちが自分でやりたい、という気持ちに応じて適したところに通わせています。長男(碧人くん)と次男(緑二くん)は最初、家から歩いていける距離のところでサッカーを始めて、長男はそこでつづけているのですが、次男はレベルが高いから「スクールにいたら調子にのってしまう。ここをやめたい」と言い出したんです。

――もっと厳しいところに行かないといけない、ということですか?

大久保 そう、それを自分から、強いところに行きたいというので、スクールのコーチが推薦するクラブの選考会を受けました。200人くらいが参加する選考会を観に行ったら、一発合格となった4人のうちのひとりとして選ばれて。もうそのチームの選抜なんですよ、次男は。

――その後、長男の碧人くんは?

大久保 もとのチームにいます。「おまえも強いとこ行けよ」と、一回は言ったんですよ。でも本人は強いところに行きたくないというので。

――三男の橙利くんも自分からやりたいと?

大久保 はい、急に「おれもやっぱりやりたい」と言い出して。幼稚園児向けのクラスで始めました。

――橙利くんは大久保選手に性格が似ているそうですが。

大久保 気持ちは強いんですが、運動能力が似ているかどうかはわからない。次男は長男の姿を見ながら、ちっちゃいときからずっとサッカーボールを蹴っていて、でも三男はそんなことがなかったんです。それでも急にサッカーをやりたいと言うようになったから、どうなるのかな、と。

――お父さんといっしょにスタジアムに入る機会があると、感化されてサッカーをしたくなるのでは。

大久保 やりたくなるのかな。あるいは、土日にある次男の試合や練習についていってその気になったのかもしれない。家でもずっとサッカーをしていますもんね。

――これまでの大久保選手ご自身のキャリアからすると、さまざまなクラブからお誘いがあるのでは?

大久保 ありますね。けど、子どもに決めさせますから。本人が嫌だと言うなら行かせません。「こういうのがあるけど、どう?」とは、一応は伝えるけれど、無理強いしてサッカーを嫌いになってほしくないです。親のすすめで、気乗りしないのに始めるのは良くないと思うので。

――お子さんに押し付けたり、こうあってほしいという願望でサッカーをやらせるのはかわいそう?

大久保 嫌いになるんじゃないかな。いまの子はそうじゃないですか。自分の世界を持つじゃないけれど、どこかゆったりしているところがあるし。昔だったら親に怒られて何かをするということが多かった。「チクショー」とひそかに舌打ちしながらもがんばっていた時代。いまはそうではないんじゃないかなと、子どもを見て思ったので。昔ながらにがんばる子どももいるかもしれないけれど、ウチはちがうかもしれないと思って。だから、頭ごなしには言わないです。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク