コラム

2年目のU-11プレミアリーグチャンピオンシップは大宮アルディージャジュニアが優勝!! 全国に広がりを見せる“年間を通じたリーグ戦”の手応えは?

2017年03月22日

選手も指導者もレベルアップする環境を

 U-11プレミアリーグの特徴は、有志が作った私設リーグでありながら、全国に広がりを見せるところにある。2017-18シーズンからは山梨、富山などが新たに加わり、全国で15県に拡大する。

 U-11プレミアリーグは実行委員による「実戦経験が少ない、U-11の選手に真剣勝負の場を提供したい」「毎週末、リーグ戦を戦うことで、選手も指導者もレベルアップする環境を作りたい」というプレイヤーズファーストの視点から、全国各地で多くの試合が行われている。

 日本サッカーのレベルアップに向けて、もっとも大事なのはグラスルーツの底上げにほかならない。すなわち、ジュニア年代の充実だ。その意味でプレミアリーグU-11はグラスルーツのレベルアップに寄与する大会であるとともに、ひいては日本サッカーのトップを引き上げる、ひとつのフックになるだろう。そう思わせるほどの選手、指導者の熱がグラウンドに渦巻いていた。

【次ページ】大会の様子

カテゴリ別新着記事

ss



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク