コラム

サッカービギナーコーチ必見! 実践的な自チームの分析方法とは

2017年04月20日

守備の局面・攻守の切り替え

2.守備の局面

守備の際に、チームとしてどういったところでボールが奪えているのかを確認してから、個々の局面を見ていきます。

■ポジショニング
相手にプレッシャーをかけるポジショニングを取っているか。裏を取られずにインターセプトを狙えるポジショニングを取っているか。

■ボールへの意識
ボールへチャレンジするときに次のリアクションを取りやすい状況にあるか。距離の取り方やアプローチのスピードはどうか。

■突破されるパターン
チームとして個々として、突破されている場面が多ければ、そのパターンをチェックする。

3.攻守の切り替え 攻撃→守備

 サッカー選手の大事な部分として注目されるのが、ボールを失った後の攻守の切り替えです。メッシ(バルセロナ)であっても、ボールを取られてしまうことはあります。だからこそ、いかにボールを取り返せるかが重要なのです。チーム全体での切り替えと、個々での切り替えをチェックしてみましょう。ボールを失った直後の選手のパターンは、3つに大別できます。

a. すぐに取り返そうと素早く動き出す選手
b. ボールを取り返そうとするが、アクションを起こすのが遅い選手
c. ボールを取られた後に、あきらめてしまう選手

 ボールを失ったあとのリアクションはトレーニング中から意識して取り組まなくてはなりません。欧州では、「ボールを取られたらすぐに取り返す」ということはコーチが言う以前の当たり前のことであり、下の年代から徹底されています。結果、7歳、8歳の選手でも習慣化されているのです。そのあたりに日本との差があるのかもしれません。

4.攻守の切り替え 守備→攻撃

 守備から攻撃のタイミングで、重視すべきは ボールを奪った直後の2 ~ 3秒間です。まず、どの選手が動き出して、どういうポジションを取るかをチェックします。

 ボールホルダーからいいパスをもらえそうなポジションへ移動しているかどうかはもちろんですが、「3人目の動き」ができているかどうかも見ていきましょう。「3人目の動き」というのは、AというボールホルダーのサポートにBが入ったとしたら、そのBからパスがもらえそうなポジションに移動する動きをいいますが、そういった連動した広がりのある動き出しができているかは、選手としても重要なファクターです。

 選手同士でコミュニケーションが取れているかどうかも確認しておくべきポイントになります。例えば、圧倒的にゴールキーパーにとって有利なハイボールが上がった瞬間、ディフェンダーが「あ、これはキーパーが抑えそうだ」と予想してサイドに開く動きをする、というのも攻守の切り替えとしてはナイスプレーだと考えられます。

3人目の動き

 ボールを持っている選手Aが、Bにパスをしたときのシチュエーション。Bからのパスを予測して、Cのようにスペースに走りこむことができるかどうかが、チームとしての連動のカギを握る。3人目の動きを意識することで、チャンスが生まれやすくなる。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!
ga

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク