コラム

「学習がなによりも大事なことである」学ぶ姿勢を維持するためには何が必要?【サッカービギナーコーチ養成講座】

2017年05月18日

サッカー経験がなくとも、自身の子どもがサッカーをプレーしていれば「コーチ不足」で突然チームのコーチを任されるというお父さんも少なくないのではないでしょうか。今回は、指導者としてのステップアップに必要なことを紹介します。

監修●平野淳(ファンルーツ) 再構成●ジュニサカ編集部 写真●ジュニサカ編集部

『ジュニアサッカーバイブル5 小・中学生のサッカーチームをつくろう!基礎からわかる!コーチ養成講座』より一部転載


DSC_0135

指導者としてステップアップを図るために必要なこととは

 「Learning is the most important aspect from all !」

 以前ヨーロッパサッカー連盟公認A級コーチングコースに参加をした際、コースでチューター(講師)が開校式の挨拶をするなり口にした言葉です。

「学習がなによりも大事なことである」という意味だと解釈しています。経験が浅いうちは、やることなすことすべてが新鮮なので、学ぶ意欲に掻き立てられていますが、時が経つにつれ、いろいろな成果を達成することで、そのような意欲を失ってしまいがちです。しかし、どのような状況においても学ぶ姿勢を維持することは、成長する上で非常に重要なことではないでしょうか。

「学ぶ姿勢を維持するためにはどうしたらよいか?」と尋ねたところ、このような答えをもらい ました。「常に自分の中で『ピクチャー』を描くことが大切。しかも大きなピクチャーをね。ピクチャーが明確になればなるほど、『何を目指しているのか』『いま何をしなくてはならないのか』ということも明確になり、常に謙虚に学ぶ姿勢を維持することができるのだと思う。そして、そのピクチャーを常に振り返り、時には更新していく勇気も必要なんだよ」  

 彼はしきりに「ピクチャー」と表現をしていましたが、これを私は、「夢」という表現に置き換えます。自分がこうなりたい!という夢を描くことができれば、どんな問題が起こっても、栄光をつかんでも、いまの自分の位置を把握できるものです。つまり、自分自身の「軸」ができるのです。そのような大人を見た子どもたちはどう感じるでしょうか。きっと、子どもたちの憧れの存在になるに違いありません。夢を持つことで、向上心を芽生えさせて、指導者としてのステップアップを図っていきましょう。

カテゴリ別新着記事

ss
arsenalsoccerschool


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク