コラム

“彼こそフットボールマスター”!! 今季限りで引退したシャビ・アロンソのプレーを動画で見る

2017年05月25日

攻守がめまぐるしく入れ替わるサッカーの試合において優秀なゲームメイカーの存在は必要不可欠。中盤の主導権をどちらのチームが握るかによって試合の結果が大きく左右されるからです。今回は、かつてリバプールやレアル・マドリードなどに在籍しスペイン代表では2010年の南アフリカW杯の優勝に貢献し、今月のブンデスリーガ最終節を持って自身のキャリアに終止符を打ったシャビ・アロンソのプレー集から”優れたプレーメーカー像”を学んでいきたいと思います。

文●中澤捺生/ジュニサカ編集部 写真●Getty Images


MUNICH, GERMANY - DECEMBER 15:  Xabi Alonso of Muenchen runs with the ball during the round of 16 DFB Cup match between FC Bayern Muenchen and Darmstadt 98 at Allianz Arena on December 15, 2015 in Munich, Germany.  (Photo by Alexander Hassenstein/Bongarts/Getty Images)

 優れたプレーメーカーというのはどういった選手なのでしょうか? ボール奪取力に長けていて守備面で活躍するレアル・マドリードのカゼミーロやドリブルで局面を打開し意外性のあるパスでバルセロナの攻撃陣を牽引するイニエスタなど様々なプレイヤーがいます。しかし例に挙げた選手は攻撃と守備。両方の分野を得意としているわけではありません。

 その一方で今季限りで引退したシャビ・アロンソは意外性のある一本のスルーパスやボールを持った時の状況判断力。特に彼の両足から蹴れらるロングフィードは味方の選手にピタリと合わせリバプールやレアル・マドリード時代を含め多くの得点を演出してきました。

 さらにシャビ・アロンソは183㎝と当たり負けしない身体と相手のパスを読む危機察知能力に長けていてディフェンス能力が高い選手でもあります。

≪バイエルン時代のシャビ・アロンソのプレー集≫

 どんなに苦しい展開でも状況を一変することが出来るロングパス。「パスは味方へのメッセージ」と言われますが、動画を見て分かるようにシャビ・アロンソが出したパスは味方の選手のスピードを落とさずに次の攻撃にテンポアップ出来るようメッセージが込められていることが分かります。

 中盤でボールを持った際には、ダイレクトパスで流れを変えたり、パスをすると思わせながら縦に通したりと攻撃にスイッチを入れるプレーを得意としています。一方で、激しいタックルやパスカットでボールを奪い攻撃に繋げたりと守備の面でもチームに欠かせないプレイヤーです。
 
 シャビ・アロンソの精度の高いパスを真似するのは難しいかもしれませんが、流れを止めないプレーや局面を一気に変える縦パスやロングパスは参考にしてみても良いのかもしれません。

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

ga
FC66


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク