コラム

この練習は何のため? “やらされすぎ”がケガを生む。心と体の関係性

2017年07月19日

なぜ人はケガをするのか。サッカー選手であれば、捻挫や骨折など試合中に対戦相手と接触したときにおこるものもあれば、疲労が蓄積して発生するシンスプリントや成長期の子どもが発症しやすいオスグッド病などがある。原因はさまざまで一概に「こうしておけばケガはしない」という万能薬のようなものはないと言っていい。しかし、キネティックフォーラムという治療家、トレーナー、指導者などで構成される学術団体の代表を務める矢田修一氏は「心が満たされていると、どれだけやってもケガをしないものなんです」と語る。この言葉の真意とは。

取材・文●吉村憲文 写真●佐藤博之、古賀庸介、ジュニサカ編集部


0719コラムimages002

心の充実がなくして体は動かない

「心が満たされていると、どれだけやってもケガをしないものなんです。でも心にどこか思うところがあると、それはケガになって現れるものなんですよ」

 そう話すのはキネティックフォーラムを主宰する矢田修一氏だ。

 キネティックフォーラムとは医師、指導者、施術者、トレーナー、選手で構成される総合的なサポートグループ。施術者である矢田氏は体、動きの偏りから精神的な状態まで様々な原因を分析し、患者の根本的な治療をおこなうとともに、ジュニア世代のアスリートから超一流選手の心身のケアも担当している。その豊富な経験をもとに、今の子どもたちに起きていることと、親が考えるべき子どもへのスタンスとは何かを訊いた。

「朝9時に彼は『寝てない』といったんですよ。プロ野球選手なんで、私が『オフやから、また飲みにいったんちゃうか?』といったら、そうじゃありませんでした」

 矢田氏の強い要望で名前こそ出せないが、プロ野球界を代表する超一流選手を中学生の頃からサポートしているという。

「彼がいうには、『教えてもらったエクササイズをホテルに戻ってやってみたんですが、なかなかできなくて。夢中になってやっていたら、朝の6時になってました。やばいと思って慌てて寝たんです』って。信念をもってやっていたら、時間も忘れてしまうものなんです」

 筆者は矢田氏のいう「心が満たされていると、どれだけやってもケガをしないものなんです」という言葉の意味が少しだけ理解できた気がした。夢中になって何かに取り組むと、そこには自然と集中力が生まれ、疲れなど感じている暇がない。

0719images001

「昔、田んぼで野球をやってて骨折するやつはいませんでした。捻挫しても次の日に走れる。今はこれだけ環境がよくなったのに、けが人が増える一方じゃないですか。決して環境が悪いわけではない、指導が悪いわけでもない。ただ偏りが大きすぎると思うんです。

 最初、夢を持ってサッカー始めた。メダルを取りたいと思って始めたスポーツ。そこに行き着くまでにその希望が消されてしまうのが日本だと思います。その夢を持ち続けられる努力を、親がする、指導者がする、医療関係者もする、もちろん本人もする。みんなでするのが大切なんです。その本質的な部分が見えてないのだと思います。

 選手というのは自分の中に迷いが出たときに故障するんです。練習量がどうとかは二の次だと思います。『寝る間も惜しんでサッカーしたいねん』、『ご飯食べるより、サッカーしたいねん』ってどうやったらしてあげられるかだと思います」

 それには体と心の関係をよく理解することだと矢田氏は話す。

「体は何で動いているかと考えてみてください。(ロボットでいう)機械の役割の体がありますが、その機械を動かすのはOS。OSは形としては目に見えませんが、ないといけない部分ですよね。じゃあ人間でそのOSは何かというと“心”なんです。どっちが先かというと、心が先で体が動くようになりますよね。ところがどの立場の人を見ても体しか見ていない」

 矢田氏の長年の経験において、物事には順番があって、心の充実がなくして体は動かないという。そして今の子どもたちに一番問題が見られるのは、肝心要の心の部分だという。

「私たちは治療もしますが、それ以前になぜケガをしてしまったのかという根本的な部分から選手に伝えています。陸上の指導を20年来やっていますが、速く走りたいからといって、走り込めばいいというものでもありません。自分の体を動かせるようになるには、体のパーツとパーツの動きを繋げてやることが大切です。そこをなしにして速く走りたいというのは難しいですし、かえって故障の原因になります」

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!
ga

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク