コラム

夏バテ予防や疲労回復に繋がる!! 心がけておきたい夏場の栄養補給の4つのポイント

2017年07月21日

2XYK9499
(写真●古賀庸介)


ハードトレーニングの後に摂りたい栄養素と食材


ビタミンB1:豚肉、ハム、ソーセージ、大豆製品(納豆、枝豆、豆腐)
ビタミンC:トマト、大根、ブロッコリー


水分補給の工夫やそのタイミング


 いつでもどこでも少しずつ水分補給を心がけましょう。一度に たくさん飲むとお腹が痛くなったり食事の消化を悪くする原因になります。また、夏ばて予防には充分な睡眠も大切。疲労がたまると寝つきや寝起きが悪くなります。最近寝付きや寝起きが悪いな、と感じたら普段の食事を見直してみましょう。オススメしたい疲労回復メニューとしては、豚汁が人気ですが、 豚汁にそうめんやうどんを入れて食べる方法があります。ビタミンB1たっぷりの豚肉に具沢山の野菜、水分、塩分も補給できる麺類入り豚汁はサッカー選手も食べているアレンジ料理ですよ。

熱中症対策002
(写真●ジュニサカ編集部)


旬の食材をたっぷり取り入れよう


 ハードトレーニングの後は、消化を助けるためにネバネバ食品を組み合わせましょう。夏に出回るオクラはオススメ。そうめん、そば、うどんに茹でたおくらと納豆を混ぜてのせれば疲労回復メニューになります。


薬味を使って疲労回復


 ねぎやしょうがはビタミンB1の吸収を促します。つゆに入れたり、 炒める時につかったり、トッピングなどに利用しましょう。

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

プロフィール

森 裕子(もり・ゆうこ)

岐阜県多治見市出身、在住。名古屋女子大学家政学部管理栄養士専攻卒。97年から02年まで名古屋グランパスに在籍。専門学校トライデントにて講師としても活躍。07年1月より再び名古屋グランパスで栄養アドバイザーとして所属している。 現在は自宅でスポーツ栄養勉強会や料理教室を開催する他、食育講演などの地域貢献活動にも積極的に取り組んでいる。著書に『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル 新装版』『小・中学生のためのジュニアサッカー お弁当バイブル』(ともにカンゼン刊)がある。公式ホームページはこちらhttp://syoku-de-smile.com/

近刊情報

『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル 新装版』

ジュニアサッカーの選手たちにとって重要な「食育」の考え方とレシピを紹介。がんばる子どもの成長を『食』でサポート! 身体づくりはもちろんのこと、子どもの体質改善やココロを育むための食事レシピが満載! またFW・MF・DF・GKのポジション別レシピも掲載。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!
ga

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク