コラム

「反抗していたことが馬鹿らしく感じた」。“自由だった”井手口陽介の価値観を変えた母の病気

2017年09月01日

31日(木)に行われた『2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選』オーストラリア戦、日本代表は2-0で勝利し、6大会連続となるW杯出場を決めました。そんな大事な試合で、日本の勝利を決定づける豪快なミドルシュートを決めた井手口陽介選手(ガンバ大阪)。井手口選手自らが語るルーツとは。

文●元川悦子 写真●浦正弘、Getty Images

『ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.41』より転載
 
※この記事は2016年7月1日に掲載した記事を加筆・再編集したものです。
 


井手口陽介

母に『ああしろ、こうしろ』とは何も言われなかった

――サッカーに触れるようになったきっかけから教えてください。
 
 お兄ちゃんが2人(長男・正昭さん=ホアンアイン・ザライFC、次男・稔さん)がいてサッカーをやっていたので、試合をよく見ていたことですね。保育園くらいからお母さんに連れられて行って、横でボールを蹴ったりしていました。

――最初にチームに入ったのは?
 
 小1でアビスパ福岡のスクールに入ったのが最初。そこは週1回でした。当時、家が博多区にあって、練習場のある雁ノ巣(東区)は遠いんで、お母さん(亜紀子さん)が片道1時間くらいの距離を車で送り迎えしてくれました。
 
 小3の時にはスクールで一緒だった子に誘われて、中央FCというチームにも入って、週2回通いました。それ以外の日はお兄ちゃんと結構遊びでボールを蹴ることが多かったと思います。パス交換とかをよくやっていました。でも練習という感覚ではなかったですね。

――中央FCではどんな活動をしていたのですか?
 
 小3から5・6年生のチームに入って練習できたので、すごく楽しかったですし、一生懸命やっていました。試合にはガッツリは出てないけど、たまに連れて行ってもらう感じ。福岡では強い方で、県大会にも行っていたと思います。

――当時のポジションは?
 
 僕自身はずっとFWをやっていました。とにかくゴールに向かって点を取るタイプのFWだったかな。特別にシュート練習をしたりはしませんでした。その頃、憧れていたのは、(元ブラジル代表の)ロナウドとか(元フランス代表のティエリー・)アンリ。点をいっぱい取るから好きだったんだと思います。

――Jリーグの試合を見に行くことは?
 
 あんまりですかね。ちょいちょいスタジアムに行くだけで、そんなに毎週ってほどは行かなかった。アビスパの熱狂的なサポーターということもなかったです。

――中央FCには何年生まで所属していたんですか?
 
 小5だったと思います。中央FCが小5の時にストリートSCと東福岡という2つのチームに分かれて、僕はストリートの方に入りました。そのストリートも人数が少なかった。そういうこともあって、小6の時に油山カメリアーズFCに移りました。
 
 そこのクラブは同学年が 15~16人。技術練習を中心としているチームで、コーンを使ってドリブルする練習も多くやったりするようになって、自分の意識も変わりました。家の前にある公園で自主トレもやるようになりましたね。それまでのチームは走ったり、ゲームばっかりだったんで、プラスになった部分は多かったです。

――今の井手口選手は運動量豊富なボランチと言われますけど、小学校時代の走りも少なからず役立ったのではないですか?
 
 自分ではあんまり意識したことはないですけど、ムダではなかったのかな。チームで走るだけじゃなくて、当時はよく家の裏の川沿いをお兄ちゃんと一緒に走っていましたから。お兄ちゃんに誘われたり、時には自分1人で行って、疲れたらやめる感じで、1時間も走らなかったと思いますけど、心肺機能は多少は強くなったのかな。今、 振り返ってみればよかったのかなと思います。

――小学校時代の一番の思い出は?
 
 油山はフットサルもやっていたので、そっちの試合にも出たことですね。雨の日は体育館でボール蹴ることもあったんで、すごく楽しかったです。フットサルはサッカーとは違った部分があったので、すごく新鮮でしたし、技術も磨かれました。

――小6の時はU12ナショナルトレセン九州にも選ばれていますが?
 
 賢星(中島=横浜F・マリノス)や朝陽(増山= ヴィッセル神戸)がいたことは覚えてます。朝陽は保育園が一緒で、隣の小学校やったんで、ずっと一緒でした。朝陽は今のままでしたね。賢星は小学校の途中でマリノスか ら来て、福岡県トレセンでも一緒にやりましたけど、すごくレベルの高い選手でした。 彼らだけじゃなくて、みんなうまかったです。

――クラブが何度か変わって、お母さんのサポートも大変だったと思いますが。
 
 どのクラブもお母さんに車で送ってもらったので、弁当を作ってきてもらって、帰りの車の中で食べて、また家に帰ってから夜ご飯を食べる形でした。僕が高学年の頃は上のお兄ちゃんは大阪の大学に行って、真ん中のお兄ちゃんも高校生で帰りが遅かったので、お母さんと一緒にいる時間が長かったですね。でも特に『ああしろ、こうしろ』とは何も言われなかった。ホントに自分が好きなようにやらせてもらってたし、自由にできたかなと思います。

カテゴリ別新着記事

ga
FC66


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク