コラム

「ミスの原因を正確に把握すること」。メンタルトレーナーに聞く!ゴールを決められる選手になるために必要な心構えとは

2017年09月12日

子どもの心に意識を向け、答えを導く手助けを

 子ども自身がOKラインを正しく設定するのは難しいものです。その分、大人がサポートしてあげてください。今回のテーマであるシュートの場合は、「明日の試合の目標は何にする?」と、子どもに問いかけてみましょう。ただ最初からハードルを高く設定すると、意味がありません。

たとえば「○点取る!」と答えるようなら、「どんなことができれば嬉しい? どんなことをすればチームが勝てると思う?」と再度問い直してみてください。「僕がシュートを5本打てたら」「シュートが得意じゃないから、おとりの動きができれば」などの回答を引き出せるはずです。子どもたちに考えさせ、自分の心に意識を向かわせて、答えを導き出してあげることが重要なのです。

 何よりその子のレベルに合った適切なOKラインを設定しましょう。そしてクリアできたときは、「よくできたね」と褒めてあげてください。練習中は、メンタルに対しての考慮はいりません。練習でできないことは試合でできないと思いがちですが、私は逆の考えです。たとえば、シュート練習ですごく外している選手がいたとします。しかし、その選手は自分なりに何かを試しているのかもしれない。

 それなのに、周囲がゴールに入る・入らないで判断するのはよくありません。人の評価ではなく、自分が力を発揮できる方法をわかっている選手のほうが活躍できるはずです。

 「自分の実力をわかっている」ことは大切で、だからこそ練習中は、技術のことだけを考えていればいいと思います。落ち着いてシュートを打とう」とも考える必要はありません。落ち着くことで不安を消そうとしているのかもしれませんが、技術の部分に意識を向けていれば、そこまで慌てることもないはず。「これはシュート技術を高めるための練習だ」と考えれば、落ち着いて取り組めると思います。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク