コラム

風間八宏監督が考える完璧な”止める”。「一番いい場所に止まっていなければ、止めていることにはならない」

2017年10月23日

「止めたつもりでもボールが動いているなら、それは止めているのではない」。そう語るのは名古屋グランパス・風間八宏監督。ボールを完璧に「止める」とは何なのでしょうか。10月23日に発売となった『技術解体新書 サッカーの技術を言葉で再定義する』から風間監督が考える「止める」の定義を一部抜粋して紹介します。

文●西部謙司 写真●Getty Images

技術解体新書 サッカーの技術を言葉で再定義する』より一部転載


NAGOYA, JAPAN - APRIL 08:  Head coach Yahiro Kazama of Nagoya Grampus looks on during the J.League J2 match between Nagoya Grampus and Kamatamare Sanuki at Paroma Mizuho Stadium on April 8, 2017 in Nagoya, Aichi, Japan.  (Photo by Koji Watanabe - JL/Getty Images for DAZN)
攻撃は形ではなく、いかに相手に「矢印」を出させ、守れない場所をついていくか

「風間監督のサッカーには戦術がない。技術だけだ」
 
そういう見方もある。そうかもしれないとも思う。しかし、ならばこれはどうだろうか。

「戦術はあるが技術のないサッカー」
 
 いっけんしてオカシイ。技術がなければ戦術は実現しないからだ。燃料の入っていない自動車みたいなものといえる。どんなに車体は立派でも、自走できなければ自動車ではないわけで。戦術と技術がイコールではないにしても、重なるところは大きい。そもそも技術がなければ戦術は成立しない。正確にボールを扱えないのでは、どのタイミングでどんなポジションにいても意味がないからだ。
 
 風間八宏監督のサッカーは技術が前提になっている。外形的な、例えばフォーメーションをどうするということがメインではなく、技術を前提にしてそこから生み出されるものを求めている。

「ボールを扱う。体を扱う。頭を扱う。相手を扱う」
 
 風間さんのよく言う4つの要素。この4つが同時に起きているのがサッカーなのだが、そこで決定的なのはタイミングだ。そしてタイミングを左右するのは技術である。
 
 4つめの「相手を扱う」から説明したほうがわかりやすいだろう。
 
 風間さんの言葉を借りると、「相手に矢印を出させる」。これが相手を扱ううえでのキーワードになる。矢印とは、相手の動きの方向性と勢いのこと。相手がどれだけの速さでどの方向に動いているか、あるいは動こうとしているか。例えば、相手の片足に体重が乗っている状態なら、その足のすぐ側をボールが通過しても反応できない。体重がかかっているのとは反対方向へすぐに動くこともできない。

 つまり、相手を動かすことで守れない場所ができてくるわけだ。ごく単純化すると、相手が守れない場所をついていけば、AからB、BからCというシンプルなパスの連続でシュートまで到達することも理論上は十分可能である。つまり、攻撃は形ではなく、いかに相手に「矢印」を出させ、その瞬間に守れない場所をついていくかが最重要ポイントとなる。

 では、どうやって相手に矢印を出させ、パスをつないでいくか。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!
ga

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク