ニュース

「『ミスをするな』と言えば高確率でミスをする」。本田圭佑が論じる”ミス”を減らす指導法とは

2017年11月04日

TEHRAN, IRAN - JUNE 13:  Keisuke Honda of  Japan in action during the FIFA World Cup Russia Asian Final Qualifier match between Iraq and Japan at PAS Stadium on June 13, 2017 in Tehran, Iran.  (Photo by Amin M. Jamali/Getty Images)
(写真●Getty Images)

 メキシコ1部のパチューカに所属するFW本田圭佑は、選手に対してミスを少なくさせるような指導法についてツイッターで持論を展開した。

「サッカーはミスのスポーツ」だとも言われ、90分間のプレーの中でどうしてもミスは発生する。ミスを少なくすることで勝利への可能性を高めることができるが、そのための方法を正しく教えることができる指導者があまりにも少ないと本田は指摘している。

「『ミスをするな』と言えば高確率でミスをするように人の脳はできてる。ミスを意識させるのではなくて、どうやったら上手くできるかを意識させることができれば、自ずとミスは減る。それを理解してる指導者が世界にはどれだけ少ないことか」と本田はツイートを投稿した。

 パチューカでは最近の公式戦2試合で3得点と好調なプレーを見せている本田だが、今月行われる欧州遠征に向けた日本代表には招集されず、先月に続いての落選となった。現地時間4日には国内リーグ第16節のホームでのケレタロ戦に臨む。

<関連リンク>
フットボールチャンネル

 
ジュニアサッカーニュース一覧はこちらから

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!
ga

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク