コラム

カラダづくりに欠かせない「補食」選び。大切な2つのポイントとは

2017年11月07日


改善したい食習慣:帰宅後お菓子を食べてしまう


34

お菓子ではなく補食をとることが大切

 帰宅後にお菓子を食べているお子さんもいるようです。昼食を食べてから数時間経っているので、帰宅時にお腹が空いていても当然でしょう。そこで何も食べないのではなく補食をとることは身体作りや疲労を溜めないためにも大切です。しかし、お菓子ではなく補食をとることが大切。なぜなら、お菓子には身体作りや疲労をとってくれる栄養素があまり含まれていないからです。それが、ケガをしやすくなったり、身体が大きくならないことにつながる要因にもなります。子どもたちが帰宅後に何を食べているのかを見直してみましょう。

 そもそも補食の重要性とは何なのか。それは、補食を食べることで練習前のエネルギー補給ができます。エネルギー補給ができていない状態で練習をすると、集中力が最後まで続かずケガをしたり、疲労が増すことにもなります。また、運動をしている成長期の子どもたちにとって、3食の食事だけでは必要な栄養素が補えないことがあります。補食をとることで、サッカーに必要な身体作りを行っていきましょう。

 たとえば、お菓子ではない補食をコンビニエンスストアで購入する場合、大切なポイントが2つあります。

 1つは消化のよい炭水化物であること。おにぎりは代表的な補食です。パンを選ぶときはチョコレートやクリームの入っていない黒糖パンやぶどうパンなどはいかがでしょうか。いまでは、バナナもコンビニエンスストアで購入ができますね。

 2つ目のポイントは食べ過ぎないことです。練習前はすぐに動ける状態でなくてはいけません。練習までの時間や体格には個人差がありますので、食べる量を調整しながら自分のベストな補食と量を見つけましょう。

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

プロフィール

森 裕子(もり・ゆうこ)

岐阜県多治見市出身、在住。名古屋女子大学家政学部管理栄養士専攻卒。97年から02年まで名古屋グランパスに在籍。専門学校トライデントにて講師としても活躍。07年1月より再び名古屋グランパスで栄養アドバイザーとして所属している。 現在は自宅でスポーツ栄養勉強会や料理教室を開催する他、食育講演などの地域貢献活動にも積極的に取り組んでいる。著書に『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル 新装版』『小・中学生のためのジュニアサッカー お弁当バイブル』(ともにカンゼン刊)がある。公式ホームページはこちらhttp://syoku-de-smile.com/

近刊情報

『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル 新装版』

ジュニアサッカーの選手たちにとって重要な「食育」の考え方とレシピを紹介。がんばる子どもの成長を『食』でサポート! 身体づくりはもちろんのこと、子どもの体質改善やココロを育むための食事レシピが満載! またFW・MF・DF・GKのポジション別レシピも掲載。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!
ga

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク