海外トップクラブの選手が見せる“良いボールの運びかた”とは

2017年11月20日

サッカー練習メニュー

良いシュートを打つためにはシュートを打ちやすい位置にトラップをしたり、ボールを運ぶ必要があります。プレッシャーのかかる試合でいいところにボールを持っていくためには、普段の練習において自分の打ちやすいボールの置き所を見つけておく必要があります。そして、意識をしていなくてもその位置にボールを運べるようになるまで繰り返し練習する必要があります。海外クラブが公開している練習動画の中から、プロ選手たちのシュートまでのボールの運びかたに注目してみましょう。

FC Barcelona v Olympiakos Piraeus - UEFA Champions League
(写真●Getty Images)


メッシ



(バルセロナ公式YouTubeチャンネル)

 ドリブルが得意なメッシは、ワンタッチでシュートが打つことができる位置にボールを持っていくというよりは、細かいタッチで自分の好きな位置にボールを持っていっていることがわかります。しかし、ワンタッチで良い位置ボールを運べるときには、シンプルなプレーをしています。そういった状況判断も参考にしたい欲しいです。



アグエロ



(マンチェスター・シティ公式YouTubeチャンネル)

マンチェスター・シティのエースストライカーのアグエロは、胸トラップをうまく足元に落としてシュートを打っています。柔らかいトラップをするために、アグエロは最後までボールから目を離しません。うまいトラップをするためには、しっかりとボールの位置を見ておくことが重要であることがわかります。


ルーニー



(エバートン公式YouTubeチャンネル)

シュートやパスやトラップなどの基本がすごく高いレベルで備わっているルーニー。この動画内では、後ろからのパスをワンタッチで自分の斜め後ろに流してシュートを打っています。これはルーニーの得意な形であり、試合でもよく目にします。普段の練習から自分の得意な位置にボールを運んでいることが動画からもわかります。


 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク