CBに必要な能力は? 「相手の攻撃を読む力」を磨く方法

2017年12月21日

スキル&タクティクス
タグ:  

CBは守備力が求められるポジションです。では「守備力」とは一体どんな能力のことを指すのでしょうか。『マンガでたのしく学ぶ! ジュニアサッカー 世界一わかりやすいポジションの授業』から抜粋して紹介します。

文●西部謙司 写真●Getty Images

『マンガでたのしく学ぶ! ジュニアサッカー 世界一わかりやすいポジションの授業』から一部転載


MANCHESTER, ENGLAND - NOVEMBER 29: Sergio Aguero of Manchester City is challenged by Maya Yoshida of Southampton during the Premier League match between Manchester City and Southampton at Etihad Stadium on November 29, 2017 in Manchester, England.  (Photo by Dan Mullan/Getty Images)

身体能力はあくまで武器

 センターバックにはまず守備力が求められます。相手のドリブルやシュートを防ぐ、ヘディングの競り合いに勝つなどですが、決め手になるのは身体能力です。背が高いほうがヘディングでは有利ですし、足が速ければボールを追っての競走に有利です。体が大きくてパワーがあればフィジカルコンタクトで相手をプレーさせずにボールを奪うこともできるでしょう。
 
 もちろんボールテクニックも重要です。せっかくボールを奪っても、パスミスで相手にわたしてしまえば逆にピンチになってしまいます。ただ、ドリブルやシュートを決めるテクニックはそれほど求められないので、守備力が第一になります。

 身体能力の高さはセンターバックにとって武器です。ただ、それも正しく使えなければ意味がありません。「試合を見ることが勉強になる」とよくいわれますが、DFの場合はとくにそうだと思います。
 
 センターバックの選手がプロの試合を見るなら、センターバックだけを見る。そうすると、ボールのないうちに細かくポジションを修正していることがわかります。なぜ、そこにいるのか、最初はよくわからないでしょう。しかし、動いている以上は必ず理由があるはずです。きっといろいろな疑問がわいてくることでしょう。

 もし、プロのセンターバックの動きがすべてわかる、説明がつくなら、あなたはセンターバックの才能があると思います。
 
 ポジショニングがすべてではありません。速く走ったり、跳んだり、体をぶつけたりといった能力がセンターバックにとっては決定的です。ただ、それ以前にその能力を正しく使えるほうが重要かもしれません。センターバックが細かくポジションを修正しているのは、相手の攻撃を「読んで」いるからです。次の展開を予測し、起こりうる事態に備えているわけです。
 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク