『第41回全日本少年サッカー大会』で輝いた15人の選手たち/ジュニサカMIP

2017年12月31日


太陽スポーツクラブU-12(鹿児島県)

10番 石原 澄海くん


DSC_0124

50メートル7秒0の俊足。前への推進力があり、ボールを持ったらゴールに向かって仕掛けることができる選手。トップ下でプレーし、前線の守備においても激しくプレスを仕掛けて、相手の攻撃の芽を摘んでいました。

【選手のコメント】
自分たちのスピーディーなサッカーが通用する部分もあってよかったです。個人では得点をとってチームに勝利をもたらすことができました。それでも通用しない部分もありました。ボールをドリブルしているときに相手に体を当てられたて吹き飛ばされることもありました。(ベスト16で対戦した)大宮アルディージャは本当に強かった。ボールを受けるときの動きに差を感じました。中学はお兄ちゃんと同じ、太陽スポーツクラブU-15に進みます。中学では体を大きくして相手に吹っ飛ばされることのない体をつくりたいです。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク