『第41回全日本少年サッカー大会』で輝いた15人の選手たち/ジュニサカMIP

2017年12月31日


セレッソ大阪U-12(大阪府)

10番 皿良 立輝くん


C大阪10番

コンサドーレ札幌との決勝戦では、試合終了間際にコーナーキックからヘディングで逆転弾を挙げセレッソ大阪を優勝に導く立役者となりました。フォワードでプレー。ディフェンダーに寄せられてもボールを奪われない足元の技術があります。ボールキープをして”タメ”を作り、味方をいかすことが上手い選手です。

【選手のコメント】
決勝戦にきていない下の学年の子のためにも”優勝”を届けたいと思いました。決勝ゴールを決めたコーナーキックは、あえて、密集しているコンサドーレの選手たちから離れたポジションを取りました。それが逆転ゴールを決めることができた一番の要因だと思います。決勝戦は今までの試合のなかで一番、緊張しました。中学校でも、このような大舞台を経験することがあると思います。だから、たくさんの経験を積んで緊張しないで試合に臨めるようにしていきたいです。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク