“神童”と呼ばれたFC東京・品田愛斗「小学生のうちにやらないといけないことは人それぞれ」/ユースプレーヤー成長記

2018年02月05日

進路選択

DSC_0555
(写真●ジュニサカ編集部)

もっと自分の進化を求めてやっていきたい

 中学を卒業すると品田選手は、そのままFC東京U-18に籍を移した。2016年には2種登録され、Jリーグの公式戦にも出場が可能となった。J3リーグに2シーズン参戦し19試合に出場した。

 やがて2017年9月24日になって、FC東京はオフィシャルサイトで「品田愛斗選手(FC東京U-18)来季新加入内定のお知らせ」を掲載した。品田選手のトップチームへの昇格を告げる一報だった。

「高校に入ったときは周囲からの期待もあったのですが、2年間は結果も出せなかったしケガもあったので、本当に間に合うかなという不安もありました。(トップチームへの昇格が決まって)正直、ホッとはしていますが、こんな気持ちじゃいられないというのも分かっています。チームの現状も踏まえて若手がどんどんやらないといけないのも分かっているので、早くこの(プロの)環境に慣れて自分のプレーを発揮して評価してもらわないといけないと思っています」

 もっと自分の進化を求めてやっていきたい――。コメントを結んだ品田愛斗選手の一言は力強かった。

DSC_6580
(写真●山本浩之)

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク