健康な体は「食事」から作る!! 寒暖差が激しい時期に必要な栄養素をとる方法

2018年02月27日

食育

f57c78017a4a1098636b7d189d3a142b
(写真●佐藤博之)

旬の食材を食べよう

 寒暖の差や環境の変化は思った以上に身体にダメージを与えます。ちょっと元気がないな、食欲がないな、などいつもと様子が違うようなときは、早めに寝かせる、休日は家でゆっくり過ごすなど、いつもよりも休息する時間をとりましょう。

 疲れているときにおすすめなのが免疫力を高める食事。何を食べたらいいの? と迷ってしまいますが、簡単な方法の1つに「旬の食材を食べること」が挙げられます。

 旬の食材にはその季節に人間が必要とする栄養素がたくさん詰まっています。春野菜、夏野菜、冬野菜と言われるように、その季節に採れる食材を食べることで免疫力がアップしたり体調増進につながります。

 旬の野菜は一般的に、寒さで甘味が増したり、太陽の光で色が濃くなったりと自然の力で成長します。暑さ寒さの中で力強く育った野菜にはビタミンやミネラルの栄養素が豊富である上、野菜本来の味を楽しむことができます。


プロフィール
森 裕子

岐阜県多治見市出身、在住。旧姓、間宮。名古屋女子大学家政学部管理 栄養士専攻卒業後、管理栄養士を取得。現在、名古屋グランパスの栄養 アドバイザーとして食育講演を中心に活動中。著書・監修本に『名古屋グランパス 勝利の食堂』、『小学生・中学生のためのジュニアサッカー食事バイブル 新装版』、『身長をぐんぐん伸ばすための本』(株式会社カンゼン)の他、『勝てる子どもの げんきごはん』(主婦の友社)などがある。


 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク