子どもはなぜ「ミス」に怯えてプレーする? サンフレッチェ広島が実践する選手に自信を与える言葉掛け

2018年04月09日

育成を考える

DSC_0792
【試合中、常に声を出し続け仲間を元気づけていたサンフレッチェ広島5番MF桝谷歩希くん】

「指導者ではなく子どもたち主体のサッカーを」

 ポジティブな言葉掛けは渡辺監督だけではありません。試合に出場していない控え組のメンバーからも「まだまだいけるぞ!」「集中しよう!」といった声をフィールドで戦っている選手たちに届けていました。

「今まで広島に在籍していたジュニアの子たちもそうですが、試合に出場できなくて悔しい思いを持ちながらも、チームのために一丸となって一緒に戦ってくれます。(広島の)トップチームからそうだと思いますが、”広島の伝統”というか、指導者が言っているわけでもなく、自然にスタッフや子どもたちも含めてみんなで戦う気持ちはすごく強いです。ピッチの中の選手たちはベンチの選手が必死に声をだしてくれているので、それに応えようとプレーしています」とは渡辺監督。

 また、サンフレッチェ広島の中盤を支える5番MF桝谷歩希くんはピッチ上で誰よりも大きな声を出して味方を鼓舞してました。

「仲間がミスをしたら『ドンマイ、ドンマイ』とか元気づけるような声掛けをしていました。そうするとチームの雰囲気がよくなるので」(桝谷歩希くん)

 仲間同士で声を掛け合い、助け合う。サンフレッチェ広島が試合で発揮しているチームワークは団体競技であるサッカーには欠かせないものです。そして、そのチームワークを高めるためにも「良い雰囲気作り」が大切だと渡辺監督は話します。

「良い雰囲気を作るためにも、指導者がポジティブな言葉掛けで明るく元気に子どもたちに接してあげることが大事だと思っています。あとは子どもたちの判断でやりたいことを思いっきりさせてあげること。この大会も目標を叶えるために何をしていかないといけないのか、子どもたちが自身で決めて、その目標に向かって頑張っています。指導者ではなく子どもたち主体のサッカーをすることを心がけています」

 サンフレッチェ広島は「ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN」決勝戦に進出しましたが、江南南サッカー少年団に敗れ、準優勝となりました。優勝こそできませんでしたが、監督や仲間の言葉掛けによって子どもたちは「ミス」を恐れずに、伸び伸びとプレーしている姿がありました。

 シュートを外したとしても「なんで外したんだ!」ではなく「ナイスシュート!」「切り替えていこう!」と、否定的ではなくポジティブな声掛けが自信や意欲を生みだします。たった一言で子どもたちのプレーの質は向上し、良いプレーができるようになります。それが、ゴール・勝利・成長へと結びついていくのではないでしょうか。

 サンフレッチェ広島の監督やチームメイトが実践している声掛けや雰囲気作りを他のチームも参考にしてほしいものです。

20180402_0662

<関連リンク>
ダノンネーションズカップ2018 in JAPAN

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク