運動神経は”才能”ではない!? スポーツ上達の秘訣は「脳」にあり

2018年04月28日

子育て・育児

当たり前ですがスポーツには「得意」「不得意」があります。その不得意の原因が「運動神経が悪いから」と思っている方も多いのではないでしょうか? しかし、スポーツ科学の第一人者、深代千之氏は「生まれつき運動神経が悪い人はいない」と話します。では、スポーツが「上手い」「下手」の判断基準は何で決まるのか、運動神経を育むためにはどうしたら良いのか、深代氏の言葉に耳を傾けます。

『子どもの学力と運「脳」神経を伸ばす魔法のドリル』より一部転載

著●深代千之 再構成●ジュニサカ編集部 写真●ジュニサカ編集部、佐藤博之


スポーツ

生まれつき運動神経が悪い人はいない

 スポーツが得意な人には、「運動神経の良さ」という生まれ持った力がある―そう思い込んでいる人は多くいます。「私は運動神経が悪いから、何をやってもうまくいかない」とスポーツ全般に苦手意識を持っている人は少なくありません。

 この苦手意識は、自分自身のみならず、自分の子どもにスポーツをやらせる際にも出てきます。新しい動きをなかなか習得できなかったりミスをしたり、うまくいかないことが重なると、「うちの子は私に似て運動神経が悪いから」と〝遺伝〞や〝生まれ持った才能〞といった、外的要因のせいにしてしまうのです。

 こうして、子どもの可能性をつぶす言い訳をしてしまうのは、とてももったいないことです。

 はっきりとお伝えしたいのは、「生まれつき運動神経が悪い人はいない」ということです。「運動神経」とは何なのか、正確に説明できる人は少ないのに、言葉だけが一人歩きしています。運動神経が悪いからスポーツは楽しめないという誤解や思い込みが、子どもの運動離れを助長しているのではないかと危惧して
います。

 では、運動神経とはそもそも何を指すのでしょうか。

 運動神経とは、運動の指令が脳から筋肉まで送られるときの「情報の通り道」のこと。脳から命令が出て運動につながるまでの神経のシステムを神経系といいます。

 私たちの神経系は、脳と脊髄(せきずい)からなる「中枢神経系」と、そこから出る信号を末端まで送る「末梢神経系」に分かれています。運動神経は、この末梢神経系の一部に必ずあるものです。運動神経がなければ、手を思い通りに動かして文字を書くことも、箸でご飯を食べることもできません。

 運動神経の有無に個人差はなく、誰にでも同じように備わっているものなのです。そう説明すると、運動に苦手意識のある方は、「脳からの指令を伝達するスピードが遅いはずだ」と思うかもしれません。しかし、脳から筋肉に情報を伝える「伝導速度」にも個人差はありません。運動のうまい下手は、遺伝によって決まるものではなく、「生まれつき運動オンチ」「運動の才能がない」という人はいません。

 これらは間違った思い込みであり、自分や子どもに対する言い訳でしかないのです。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク