本格的なサッカーの指導は”11歳”からが理想的。元バルサ育成統括コーディネーターが語る育成理論

2018年05月10日

サッカー練習メニュー

DSC_0808

選手たちに理解させるべき5つの指針

 (11歳~14歳の)初心者の選手たちに理解させるべき5つの指針は次の通りです。

1.狭いスペースに選手が密集しないように、ピッチ上で正しいポジショニングを取れるよう指導します。これにより、自分とボールと味方の選手の間に有効な関係が作られます。

2.ボールコントロール、ドリブル、レガテ、ボールタッチ、ヘディングの技術を学ばせます。選手全員が1対1の状況で相手選手を突破できるように指導します。

3.いつも動きの中にいることと、動き出しを指導します。意味もなしに動けばいいというわけではありません。ボールを持っていない際には、特にプレーの意図をもって動くことが大切です。

4.この年代の最後には、ボールキープを学ぶ必要があります。フェイントを使うことから始めて、最後には、逆足でもボールをキープできるように指導します。

5.13歳になるころには、シンプルにボールを放すプレーについて指導します。ボールをパスしてからもプレーは続きます。

 才能ある選手は、個人プレーが得意で、そういったプレーを好む選手たちばかりです。私たちのメソッドでトレーニングを開始した場合は、個人プレーが多くなります。指導者は、彼らにグループでのプレーを教えなければなりません。色々なことを理解することで、プレーすることの新たな楽しさが増え、さらにプレーの質は向上していくでしょう。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク