「強制型しつけ」になってませんか? 指示待ちの子どもから”主体性”を養う「共有型しつけ」とは

2018年05月12日

子育て・育児

「共有型しつけ」こそ子どもの主体性を伸ばす

 勉強に限らず、子どもが親にしかられながら何かをするということが続いたら、どうなってしまうでしょうか。

 ここで、普段の親子のやり取りを振り返ってみてください。子どもが何かを決めようとするとき、親の顔色をうかがっている様子を見せることはありませんか?「自分はこれにしたいけど、お母さん(お父さん)は、許してくれるかな?」というように……。

 もしそんな場面がたびたび思い当たるなら、ひょっとすると子どもに対して「強制型しつけ」をしているかもしれません。

「強制型しつけ」では、子どもに考える余地を与えず、すぐに答えを教えてしまう、子どもに対して指示的で、命令もしくは禁止するような介入が多い。

共有型しつけ①共有型しつけ②

 また、過度に介入して情緒的なサポートが低い、といった傾向がみられます。

 対するのが「共有型しつけ」です。共有型しつけでは、子どもに考える余地を与えており、親は共感するようにサポートしています。

 子どもの情緒に敏感で、子どもに合わせて柔軟に接し方を調整しています。子どもにとって、安心できる環境が整うと、そのもとで子どもは主体的に探索したり、自分で考えて行動したりする力が育っていきます。

 子どもは自分の興味にしたがい、いろいろな情報を記憶します。そしてコトバをはじめ情報を好きなだけ獲得していきます。

 子どもの語彙力はどんどん向上していきます。「好きこそものの上手なれ」というわけですね。好きだ、やりたい、こうしたい、という自然発生的な感情です。

 実は、この「共有型しつけ」と「強制型しつけ」の違いが、子どもの語彙力と主体性をもった子どもになれるかを分けていたのです。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク