東京Vの知将が語る日本人選手の特徴。スペイン人選手よりも優れている点とは?

2018年05月13日

インタビュー

2017シーズンから東京ヴェルディで指揮を執るミゲル・アンヘル・ロティーナ。昨シーズンはクラブをJ1昇格プレーオフに導くなど、着実な進歩を証明した。豊富な指導経験を有する指揮官が語る日本がスペインよりも優れている点とは。

取材・文●小澤一郎 写真●Getty Images

『フットボール批評issue20』より一部転載


CHOFU, JAPAN - MAY 03:  (EDITORIAL USE ONLY) Miguel Angel Lotina,coach of Tokyo Verdy looks on during the J.League J2 match between Tokyo Verdy and Machida Zelvia at Ajinomoto Stadium on May 3, 2018 in Chofu, Tokyo, Japan.  (Photo by Masashi Hara/Getty Images)

常に「相手を見て自分で判断しなさい」と伝えています

――あなたの場合、東京ヴェルディでどのようにして選手のリスペクトを勝ち得たのですか?

 一般的に選手が監督をリスペクトする上で一番効果的な方法は監督が指導した結果、選手が向上し、それを選手が実感することです。選手というのは自分やチームを向上してくれる監督を好みます。もちろん、今まで指導してもらっていなかったこと、新たな学びを選手に与えることも大切です。それから結果とは別に、サッカーをプレーさせてくれる監督が一般的には選手からリスペクトされます。

――日本では監督が選手に何かを要求すると、選手は監督の要求に応えようとそれだけに縛られる傾向にあります。そこはどうマネージメントしていますか?

 このテーマについては日本に来る前に、日本での指揮経験があるレシャック、アスカルゴルタから聞いていました。彼らも日本で指導する上での問題の一つだと話していました。

 スペインでは逆のことが起こります。私が選手に「こういうプレーをしなさい」と言ってもピッチ上で選手が別のオプションを見つけ出せば私が指示した以外のプレーをします。日本では私が「このセットプレーをするぞ」と準備すると試合のシチュエーションにかかわらず私が言ったことを実践しようとします。

 ですので、私は常に選手たちに「しっかりと試合のシチュエーション、相手を見て自分で判断しなさい」と伝えています。サッカーにおいて選手がイニシアチブを持ってプレーすることが何より重要です。

 だから、私はトレーニングにおいて一つの解決策を選手に与えるのではなく、3つくらいの戦術バリエーションをシミュレートできる状況を提示し、選手が自分で各状況における最適解を選べるよう指導しています。それが特に日本で監督として働く上では鍵になると考えています。それでもまだ選手のイニシアチブという面では物足りなさを感じています。

――選手が各シチュエーションでイニシアチブを持ってプレーを選択できるようになるためにも、育成年代からの戦術指導が重要だと考えますか?

 育成年代からのトレーニングが問題なのかどうかはわかりません。なぜなら、おそらく日本人の気質や文化といったもっと大きなことが影響していると思うからです。スペインでは全ての価値観の中でも個人やイニシアチブというものに重きが置かれますので、小さな子どもであっても自分が選んで何か行動を起こした時には褒められます。特に他の子どもと異なる行動を自分の子どもがした時に親は喜びます。逆に日本ではそういうものにそこまで価値を置いていないように見えますし、それはサッカーにも違いとして出てきます。

――そういう意味で、日本での指揮において選手から表現を引き出すことに苦労していると想像します。

 ピッチ内外であまり話をしない選手がいることも事実です。コミュニケーションはサッカーにおいて重要なテーマですし、選手にはトレーニングから表現していくことを求めています。まずは選手がピッチ上で話をする習慣を植え付け、その次のステップとしていつ、どんな話をするのかを指導します。

 ただ、日本はスペインのように肌と肌の直接的な触れ合いが少ない文化ですので、言葉を通じたコミュニケーションとは別のノンバーバル(非言語)・コミュニケーション についてはスペインとは違ったやり方を採用する必要があります。

 ただ、今のところサッカーにおいてはそれほど大きく変える必要もないと感じています。私が日本語を話せないので、例えば試合前に選手を送り出す時に先発選手一人ひとりの胸や背中を叩く、抱擁するといったノンバーバル・コミュニケーションをとることは、ここ日本の選手にも受け入れられているように感じます。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク