サッカーに多いケガはなぜ起こる? スポーツ障害の原因と予防法を知る

2018年04月29日

コラム

足の負担を軽減するために、中敷きを使おう!

 足に痛みのあるときは休むのが一番ですが、休まずになんとか続ける場合、まずは足の負担を物理的に軽減するため、中敷きを使うことをすすめています。

 市販のものでもいいのですが、当院では足型をとり、個人の足にあった中敷きを作成しているんです。小指が使えていない、偏平足、かかとに重心がかかりすぎているなど、その子の足の癖を直すアーチを中敷きにつけているので、履いた瞬間から、「あっ、ちがうな」とわかります。そして、子どもにこの違いを体感させることで、子どもは自分の体に関心を持つようになります。

 またスポーツ障害の予防にはストレッチが不可欠ですが、子どもにストレッチをやれと言っても、なかなかしないものです。

 でも、こうして中敷きを入れることで、自分の体のことを意識するようになるし、クッションで物理的に衝撃が吸収されるので、アキレス腱やふくらはぎの疲れ具合がまったく違ってきます。

 子どもの場合、ストレッチをしても、効いてないことがしばしば見受けられますが、ストレッチボードなどの道具を使ってみるのもひとつの方法です。台に乗るだけでふくらはぎが伸びますし、その感覚を覚えることが大事なのです。

 また、バランスディスクは、体のバランストレーニングに使います。足の動きを、膝や股関節に伝えるトレーニングです。足首、膝、股関節には、自分の体がどうなっているか、察知するセンサーがあります。不安定なところでバランスを取るトレーニングで、全身の筋肉をうまく使えるようになるわけです。

 このバランストレーニングをすることで、足の使い方が格段によくなるし、キックもよくなる。そして、柔軟性も高まります。家ではふかふかの座布団を重ねてもできますよ。子どもたちには「これできる?」と促せば、必死に挑戦すると思います。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

取材備忘録

Twitter Facebook

チームリンク