「観光気分で行った」セレクションから一変。吉田麻也の“神がかり的人生”を支えた兄の存在

2018年06月11日

コラム
タグ:  

大型ストライカーとして大活躍

 今や日本代表の軸となった吉田は、自分のプレーやチーム全体を客観視できるところがひとつの長所だが、それも幼い頃からの積み重ねだった。
 
 小学5〜6年生になると、麻也少年は大型ストライカーとして地元ではそこそこ知られる存在になっていた。GKだった穂波さんを相手にシュート練習やヘディング練習を重ねた効果もあり、長崎市内の試合ではかなり活躍していた。

 長崎市トレセンにも選ばれたが、父・有さんが「麻也が抜けると南陵のチームが困るだろう」と言っていたことから、あまり練習には参加しなかったという。

 このため、選抜チームでの遠征や、全日本少年サッカー大会といった大舞台はほとんど経験していない。本人も「サッカーは一生懸命やっていたけど、まあまあ好きくらいだったかな。 他のことも楽しみたい気持ちが強かったですね」というくらい、軽く考えていた。「プロサッカー選手になりたい」と真剣に考えたこともなければ、家族にそう打ち明けたこともなかった。

「親の私が見ていても、『もうちょっと頑張ったらいいのに……』と思うことは、結構ありました。そこそこ努力はするけれど、何が何でも自分を追いこむような子ではなかったですから。サッカー以外にもバスケットやローラースケート、ギターやピアノとやりたいことがいっぱいあったようですし、私たちも忙しかったので、好きなことをしてくれればいいと思っていました。まさかプロ選手になるなんて、夢にも思いませんでしたね」と昭子さんは語る。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

取材備忘録

Twitter Facebook

チームリンク