「ごく普通の選手だった」日本代表のエース大迫勇也が”怪物ストライカー”になるまで

2018年06月19日

コラム
タグ:  

意外な進路選択
 
 ごく普通の少年団でプレーしていた勇也少年が日置市の鹿児島育英館中学校に進むというのは、少し意外な進路に映る。

 きっかけは中学校から永野監督宛てに届いたセレクションの案内状だった。「勇也たちの学年から育英館中が体育コースを作って強化することになり、セレクションの案内を県内の少年団やクラブチームに送っていたようなんです。ウチにも届いたので親御さんを集めて説明したら、勇也が受けると申し出てきた。お母さんから『どうする』と聞かれて、やる気になったんでしょう。でも正直、受かるとは考えていませんでした。当時の勇也は万世SSSでは際立った存在だったけど、そういう選手はどこのチームにもいましたからね。ところが結果は合格。本当にビックリしました」と永野監督は言う。
 
 育英館中の提携校・鹿児島城西の監督で、セレクションで子どもたちを評価する側にいた小久保監督は、勇也少年の一挙手一投足を目の当たりにし、鮮烈な印象を抱いたという。「ゲームで点を取ったんですが、上手な子だなとすぐに分かりました。万世SSSは有名なチームではなかったので、彼のことは知らなかったんですが、体の使い方もうまく、相手を背負ってキープするような仕事にも長けていた。ウチには来てくれないだろうと思いましたけど、入学を決断してくれたので、本当に嬉しかったですね」(小久保監督)
 
 日本中が自国開催のワールドカップに向けて盛り上がっていた2002年春、勇也少年は同中学校の扉を叩いた。この選択が彼のサッカー人生を大きく変えたのは間違いない。
       
 加世田市の実家から育英館中学校までは 片道1時間。鉄道は通っていないため、1時間に1本ペースで走っているバスに乗って通う生活が始まった。体育コースは月・水・金曜日の授業が午前のみで午後からサッカーの練習ができる代わりに、火・木曜 日は7時間授業という特殊なカリキュラムになっている。土日ももちろん練習や試合。サッカー部員は週5回みっちりとトレーニングを積める環境が用意されていた。大迫の代は体育コース1期生ということで1学年15人のみ。学年が上がるにつれて部員数は増えたものの、1年時は練習の負荷が高く、ハードだったはずだ。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

取材備忘録

Twitter Facebook

チームリンク