【バーモントカップ第24回全日本少年フットサル大会】千葉県大会 決勝フォトレポート&結果「malva chiba fc U-12が昨年に続き千葉県大会を制覇!!」

2014年09月17日

バーモントカップ第24回全日本少年フットサル大会

malva chiba fc U-12が昨年に続き千葉県大会を制覇!!

140915バーモント千葉予選005

(文・写真●田中直希)

 9月15日(祝)、バーモントカップ第24回全日本少年フットサル大会千葉県大会決勝トーナメントが柏市沼南体育館で行われ、malva chiba fc U-12(以下、malva U-12)が2年連続4回目の優勝を果たした。

 昨季の決勝でも対戦した好敵手である柏レイソルA.A.TOR’82(以下、柏レイソルA.A)を、予選リーグ、そして決勝トーナメントの初戦と二度下した(2-0、4-3)malva U-12はその後、大差をつけて決勝まで進出。決勝は、malva fcのスクール生2人(荒井勇翔くん、日暮竜飛くん)を擁し、予選から安定した力を発揮して勝ち上がってきた三井千葉fc ジュニア フォルツァ(以下、三井千葉フォルツァ)との対戦となった。

 序盤から、malva U-12が優位に立って試合を進めた。開始1分、小山太征くんのミドルシュートで先制すると、5分に渡井翔流くん、6分には斉藤友翔くんが加点。10分ハーフの前半9分に三井千葉の中村朱努くんに1点を返されてイヤなムードも漂ったが、前半終了1秒前にエースの矢野結泰くんが個人での突破から右足アウトサイドのシュートを決めて4-1。三井千葉フォルツァを突き放した。

 うまく試合に入れた理由を、横手監督は「トーアさん(柏レイソルA.A.TOR’82)に勝ったあとの試合での、試合の入り方が悪かった。準決勝の前に、体育館の裏で彼らを自由に遊ばせて、頭の中をリフレッシュさせたのが良かったのかもしれません」と語った。1対1でしかけて数的優位を作り出し、フリーになった味方を使う。「とことん指導してきた1対1での駆け引き」(横手監督)を試合でも出したことが、この試合の勝敗を分けたとも言えるだろう。後半開始18秒には、矢野くんの推進力を生かした突破からフリーの金子凛くん、鈴木輪太郎くんとつながったきれいな崩しからのゴールは、まさに意図してきた形だった。

 ただ、点差をつけられてもあきらめなかった三井千葉フォルツァの奮闘で、試合は最後まで白熱した。前半終了間際で見せた粘りは、後半も健在。特に後半、2-7とされたのにもかかわらず残り3分で見せた猛攻は気迫にあふれていた。普段はともにプレーする仲間と対した日暮くんと荒井くんは、4-7まで追い上げる意地のゴールを奪っている。試合後、人一倍の悔しい顔を見せた荒井くんを筆頭に、この決勝戦でそれぞれが感じた思いは今後につながるはずだ。

 優勝したmalva U-12は、来年1月に開催される全国大会に駒を進めた。「前回大会のベスト8がひとまずの目標」と話したのは横手監督。全国優勝も期待された昨年とは異なり、今年のmalva U-12は「まったく戦い方が違う」(浅野智久代表)という。ボールを支配して攻め抜くのではなく、「相手のイヤがることする」(浅野代表)。千葉県大会でも柏レイソルA.Aの映像を分析して試合に臨んだように、“勝つフットサル”で全国に挑む。

■malva chiba fc U-12 横手篤史監督のコメント
これまでやってきたことを披露できました。「決勝だから」という気持ちではなくて、普段やっているフットサルをしようと話していたんです。1対1での勝負、そして相手のイヤなところを突くこと。足下でのパスだけにならないように、とにかく速いボールを使っていこうとしました。今年のメンバーは、強かった去年と周りから比べられてきましたが、その重圧をはねかえしてくれたと思います。この大会を優勝できたポイントとしては、トーアさんに勝てたことも大きかったですね。子どもたちには『トーア=強い』という意識があります。そんな相手に勝てたことは良かったです。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

育成全体のオーガナイズ

Twitter Facebook

チームリンク