ドリブルの優先度がパスより低い5つの理由。”バルサメソッド”に学ぶレガテの指導術

2018年05月24日

コラム
タグ: 

スペイン代表のアンドレス・イニエスタがJ1のヴィッセル神戸に加入することが決定しました。世界最高峰のMFは12歳でバルセロナのカンテラに入団。約22年間”バルサ一筋”でプレーしてきました。イニエスタの特筆すべき点は、緩急を巧みに使い、ディフェンダーに寄せられてもボールを奪われないドリブルです。彼のドリブルを参考にしている子も多いのではないでしょうか。今回はイニエスタが育ったバルセロナのドリブル指導メソッドを紹介します。

再構成●ジュニサカ編集部 著●ラウレアーノ・ルイス 訳●高司裕也 写真●Getty Images、佐藤博之

『世界最高のサッカー指導書 バルセロナトレーニングメソッド』より一部転載


BARCELONA, SPAIN - MAY 09:  Andres Iniesta of FC Barcelona runs with the ball during the La Liga match between Barcelona and Real Madrid at Camp Nou on May 9, 2018 in Barcelona, Spain.  (Photo by David Ramos/Getty Images)

ドリブルをする際に気をつけたいこと

 ドリブルは、ボールを思い通りにコントロールしながら、ピッチを前進する技術です。足のどの部位を使ってもドリブルはできます。かかと、足の裏、もも、胸、頭も使えますし、地面、空中もしくは、2つを織り交ぜた形でも行うことができます。

 例えば、何度かヘディングをした後、ももでボールをコントロールし、地面にボールを置いた後に、足でボールを運ぶことができます。  

 ドリブルをするに際して、難しいことをしたいのであれば、ゆっくりしたスピードでドリブルをすることが大切ですし、速くドリブルしたいのであればその反対のことを考えなければなりません。

 通常、初心者はこのコンセプトを理解できずに、間違えた解釈でプレーします。また、体の真下にボールを置いて、何度もボールを触ればドリブルのスピードは驚くほど遅くなりますし、速くドリブルをしようとしてボールを遠くに置こうとすると、遠くにコントロールしすぎた結果、相手にボールを渡してしまうでしょう。

 ボールがピッチ外へと転がってしまうかもしれません。サッカーを始めた子どもたちには、ボールをいつも持つようにと話します。

 そうしてドリブルについて少しずつ上達させていかなければなりません。子どもたちにアドバイスすることは、彼らが難しいと考える動作を取り除いて、走るリズムを崩すことなく、アウトサイドを使って全速力でドリブルするということです。

 相手が自分の近くにいる時は、インサイドを使います。これにより、相手にとってはボールを奪いにくい状況が生まれます。

 相手が自分の真横にいる場合は、相手にとって見えない場所、つまり相手と反対側にボールを置きます。 この状況に備えて、両足を使えるように練習する必要があります。パコ・ヘントやレオ・メッシのようにドリブルができる選手は他に見たことがありません。

 2人とも驚くべきスピードのなかで、安定した技術でボールを運びます。決してボールは足元から離れません。ただ、選手たちには、ドリブルはパスより優先順位は低いということを明確に伝えなくてはなりません。これにはいくつかの理由があります。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

地域クラブ

Twitter Facebook

チームリンク