日本の選手は何歩か下がって助走をつけてしまう。「止める・蹴る」の基礎、南米との差はどこにある?

2018年06月02日

コラム

ボールを止めて、ボールを蹴る、この基本的な動作はジュニア年代からしっかりと磨いていく必要があります。南米出身のリオネル・メッシ(バルセロナ)やネイマール(パリ・サンジェルマン)はこの「止める・蹴る」の基本ができているからこそ、ドリブルでDFを抜いたり、ゴールを奪うことができています。高校卒業後に単身でアルゼンチンへ渡り、ボカ・ジュニアーズでプレーした経験を持つ亘崇詞さん(現:なでしこリーグ2部・岡山湯郷Belleで監督兼ゼネラルマネージャー)に南米と日本の「止める・蹴る」の違いを教えて頂きました。

取材・構成●鈴木康浩 写真●Getty Images

『ジュニアサッカーを応援しよう!Vol.49』より一部転載


BUENOS AIRES, ARGENTINA - MAY 29: Lionel Messi of Argentina kicks a penalty to score the first goal of his team during an international friendly match between Argentina and Haiti at Alberto J. Armando Stadium on May 29, 2018 in Buenos Aires, Argentina. (Photo by Gabriel Rossi/Getty Images)

ト・トンというテンポで

■ポイント1
常に動きながら 「止める・蹴る」を!

 僕がアルゼンチンにいた頃、「止める・蹴る」についてよく言われていたことがあります。日本と同じように、「止める・蹴る」は基本的なトレーニングとして毎日繰り返すのですが、大事なポイントとして強調されたのが「動きながら止める」ことでした。
 
 日本ではウォーミングアップ代わりに二人一組の対面のパスをしながら「止めて・蹴る」を何本もこなす風景が一般的かもしれません。もらったボールを足下に止めて、1、2、3のタイミングで蹴り返す、といった風景です。しかしそういう練習をしていれば、僕が以前教わっていた南米の監督やコーチなら「その練習をしていて試合で通用するの?」と言ってこう指摘してくれたと思います。

「ゲームに近いシチュエーションを意識しなさい」
 
 そうやって常に試合を意識するように繰り返し伝えられました。動きながら「止めて・蹴る」。さらに、その動作をスピードアップして行うことでトレーニングのレベルがグンと上がるでしょう。さらに、「止めて・すぐに蹴る」だけでも難易度が上がると思います。その場合は、たとえば、左足のインサイドで止めてからすぐに右足のインサイドで蹴ることで、ト・トンというテンポで速く蹴るというプレーが可能になります。
 
 また、パスを出すほうも試合を想定しながら動いている相手に合わせてパスを出すことになるので、難易度が上がります。このときに相手へのパススピードも上げることを意識すれば、さらに難易度は上がるでしょう。

  つまり、大事なことは試合を意識することです。試合を意識をするだけで 日本によくあるパス&コントロールのトレーニング風景は変わるし、毎日行う基本的なトレーニングからより良い成果が生まれるでしょう。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

地域クラブ

Twitter Facebook

チームリンク