オーバーワークになっていませんか? 大人が知るべきジュニア期の「疲労回復法」

2018年10月23日

コラム

成長期の子どもにはいい運動といい食事だけでなく、疲労をためない体づくりも大切なことだ。オーバーワークに気づかず、またケガを抱えたまま運動しがちな子どもは大人のように体に向き合うことは少なく、それらに目を向けずに毎日を過ごしてしまう子も多くはない。そこで今回は疲労回復をキーワードに運動生理学の専門家、順天堂大学の内藤久士教授にジュニア年代の子どもたちに対してどのようなことをしてあげたらいいのか語ってもらった。

ジュニアサッカーを応援しよう!VOL.45』より一部転載

取材・文●木之下潤 写真●ジュニサカ編集部、佐藤博之


P59-ph1

指導者や保護者は『疲れていないか?』と注意を払うことが重要

――ジュニア年代の子どもがスポーツを続ける時に注意すべきことはありますか?

内藤久士(以下、内藤)「まず成長期を終えた大人とこれから成長していく子どもとでは違うことを指導者やご両親が知っておくことが必要です。子どもは日々体が大きくなり筋力も向上していくので、特に小学生の頃は特別なことをしなくても、たとえば足が速くなるなど運動能力も向上していきます。また、少々きつい練習をしても一日眠れば翌日には元気にサッカーをしているのが一般的でしょう。

 そのため、大人に比べると子どもは疲労しにくい、あるいは疲労から回復する能力が高いと考えがちですが、仮にその一部は事実であるとしても、同時にそこが落とし穴なのです。なぜなら子どもはオーバーワーク、またケガをしていることに気づかずスポーツをやり続けてしまうからです。

 子どもは疲れ知らずなのではなく気づかないだけですし、気になっていてもできてしまうんです。だから、指導者やご両親は『疲れていないか?』と注意を払っておくことが重要です」

――確かに。大人は自主的に休みますが、子どもは休みたがりません。

内藤「練習効果を高めることはトレーニングと疲労回復がセットです。疲れがたまったまま、またケガを抱えたまま練習をしてもその効果は上がらず、逆に疲れをためたり、ケガを悪化させたりする原因になるので練習効果を下げる結果になります。コンディション80%時に、100%時のトレーニングをすれば想像に難くありません。だから、子どものことを気にかけることが大切です。

『いつも通りに食べていない』『練習に行く気がしないという』『足を気にしながら歩いている』など、普段の生活での何気ない行動や言動に気を配り、疲れやケガ、精神的な落ち込みなどがないかをチェックすることです。これがジュニア年代の子どもたちが楽しくスポーツを続けていく上で、大前提として知っておかなければならないことだと、私は考えています」

――スポーツをやっている子どもたちは楽しいから、うまくなりたいからと体の状態は二の次にすることが多々あります。

内藤「特にサッカーはボールの有無、人との接触、様々な方向への運動など複雑な要素が絡み合う全身運動ですから練習の質が問われます。集中力が必要だからこそコンディションは大事ですし、だらだらした練習はその効果から考えても無駄なんです」

――子どもたちの体の変化に気づくためにはどうしたらいいでしょうか?

内藤「一番は生活のリズムを一定に保てているかに気を配ることです。食事の時間、就寝時間と起床時間などがわかっていれば『今日は7時に起きてこない』『いつもおかわりするのに一杯だけ』とか変化に気づきやすいと思います」

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

育成全体のオーガナイズ

Twitter Facebook

チームリンク