【バーモントカップ第23回全日本少年フットサル大会】群馬県大会レポート&結果

2013年11月18日

前橋エコークラブが群馬県大会の頂点に!


11月16日(土)に渋川市総合公園体育館で「バーモントカップ第23回全日本少年フットサル大会」の群馬県大会が行われ、前橋エコークラブ(以下前橋)が優勝を果たした。

決勝戦の舞台に立ったのは準決勝で岩神少年SCを9―1で破った前橋と、芝根なかよしを3―1で下したGKF UNITED (以下GKF)。

序盤、ペースをつかんだのは前橋だった。フットサルの通常ルール(GKを含めた5人)で行われるこの大会で、「前線のひとりがファーストディフェンダーとして追い、後の3人でしっかり守るやり方が徹底できた」と中山秀也監督が語る通り、組織的な守備からボールを奪い、チャンスを作り出す。前半5分には2番宇田隼人くんが「思いきって振りぬきました」という強烈なシュートで先制に成功。7分にはチームの最後尾に位置してプレーしていた4番亀井琉弥くんがボールカットからシュートを沈め、2―0で前半を折り返す。

しかし、後半は前半終盤にきて惜しいチャンスを作り出していたGKFが猛攻を仕掛ける。1分には8番山内智輝くんが10番曽根勝生くんとのワンツーから抜け出しゴール。反撃ののろしを上げる。

試合は勢いに乗ったGKFがこのまま一気に同点に追いつくかと思われたが、次の1点は意外な形で生まれる。前橋がGKFゴール近くからのキックインを得るとそのボールは誰にも触れずゴールへ入ったため、ノーゴールかと思われた。だが、これがゴール前の選手に触れたということでゴールの判定に。この1点で冷静さを取り戻した前橋は3分と5分には、亀井くんがネットを揺らしハットトリックを達成、5-1で群馬県大会の頂点に立った。

前橋はこの大会、「選手をベンチに座らせるのではなく、出場機会を与えて経験値をあげて欲しかった」と、優勝した「前橋エコークラブ」と「前橋エコーイエロー」の2チームに分かれ出場。そのため、交代選手が1人しかいない6人体制で決勝戦まで戦い抜いた。「準決勝の岩上少年SC戦が山場だと思っていた」と中山監督が語った通り、この準決勝を走り勝って9-1で制した選手たちは「準決勝で体力を使ったので、決勝は辛い部分があった」という。しかし、前田監督は「まだ力をセーブしてしまっている部分がある。もっとやれる」と選手たちのポテンシャルを信じている。

全国大会に向け残り1カ月少々、選手たちを再びシャッフルし競争させ、メンバーを選んでいくという。目標は「1秒でも長く(全国大会が行われる)東京にいること」。今回の群馬県大会で多くの経験を積んだ選手たちが、どのような戦いを見せてくれるか注目だ。

■前橋エコークラブ 中山秀也監督のコメント
「準決勝が山場だと思っていたので、それに勝って決勝戦の前には選手たちにもう一度渇を入れました。それがあって、良く走ってプレッシングをしてくれたと思います。これからの1カ月少々は、セットプレーを鍛え、全国大会では少しでも多くの試合を戦えればと思います」。

(文・写真●ジュニサカ編集部・本田)

■大会フォトギャラリー

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク