改めて考えたい「8人制サッカー」の意味。少人数制で“判断力”が養われる理由【8月特集】

2018年08月08日

育成を考える

なぜ11人制から8人制に切り替えたのか。それと7月・8月に特集した「認知」(サッカーにおける「視る」とは何か)は深く関わっている。なぜならジュニアの間は観る情報量が多いと混乱が生じ、判断の部分で質の高いトライ&エラーを繰り返すことができないからだ。つまり、判断の伴ったサッカーを学ぶにはプレー人数をコントロールすることは欠かせない。だとすると、まずは「少人数」から始めて「認知の難易度をコントロールする」ことが判断を鍛えるには重要なポイントだ。そこで、8月の特集テーマは「少人数から段階的にサッカーを学ぶ」としたい。

文●木之下潤 写真●佐藤博之、村井詩都


20161226_223

8人制サッカーに切り替わった主旨とメリットを整理する

 2011年以降、11人制から8人制サッカーに切り替わった。その当時JFAが発行した「8人制趣旨開催ハンドブック」(発行=2011年2月)には、次のような理由が記載されている。

「サッカー選手としての技術向上のためには、ボールタッチの回数を増やすことは不可欠です。8人制のゲームでは、ボールに関わる回数が増えることで判断の回数も増えます。

 また11人制よりも観るものが減ることで、判断が明確になります。

 ピッチサイズもこの年代の体力に適しており、無理なく蹴れる距離を見渡して、よりボールを大事にプレーすることができます。そして数多くの成功と失敗を繰り返すことでサッカー理解を深めていくことができるのです。8人制では守備のポジションの選手が攻撃参加してシュートチャンスに自らが関わることもできます。攻撃のポジションの選手もゴール前まで戻って守備をする状況もあります。

 サッカーの全体像を理解していく上で、どのポジションでも常に攻守に関わり続けることができるゲーム環境となります。日本の課題である得点力向上、守備力向上のためにも、ゴール前の場面を多く創出できる8人制のゲームは適していると言えます。シュートチャンスが増えることで、同時にペナルティエリア付近での守備力向上にもつながっていきます」

 さらに、8人制のメリットとして「選手へアプローチできること」を以下のようにうたっている。

1.ボールタッチ回数が多い
  →技術向上
2.プレー回数が増える
  →判断の回数が増える
3.11人制よりも「観る」ものが減る
  →判断が明確になる
4.どのポジションでも攻守に関わり続けられる
  →サッカーの全体像の理解、関わることの習慣づけ
5.ゴール前の攻防が増える
  →日本の課題である得点力向上・守備力向上

 そして、今特集テーマとも兼ね合うが、ゴールキーパーに対しても次のように述べられている。

「現代サッカーにおいてはゴールキーパーの役割がますます重要になってきており、フィールドプレーヤーと同様のサッカーの技術も兼ね備え、プレー全体に積極的に関わることのできる選手の育成が必要になってきています。そのため、ぜひ多くの選手にポジティブにトライして欲しいと考えています。また、その一環で、必ずしも専門ということでなくとも、フィールドプレーヤー、ゴールキーパーそれぞれが両方の経験をしておくことは、発掘の意味でも、サッカー理解を深める意味でも有用であると考えています。ゴールを決める選手が喜びを体験するように、シュートを止める喜び、ゴールキーパーとしてプレーする喜びを体験させましょう。そのため、試合に際してフィールドプレーヤーとゴールキーパーが頻繁に交代できるようにユニホームに関しては、ビブス等を活用して柔軟な対応をお願いします」

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク