最終メンバーはバルセロナなどと対戦!!『U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2017 街クラブセレクション』開催

2017年05月01日

DSC_1230
(文・写真●松尾祐希)

 今年で5回目を迎えるU-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ。毎年8月下旬に開催されるこの大会は、バルセロナを始めとする海外の強豪クラブと真剣勝負が出来る貴重な場だ。Jクラブの育成組織や街クラブがどこまで海外チームと戦えるのか。今年は8月24日に開幕をする予定になっており、世界の強豪との戦いに注目が集まる。

 一方で昨年から新たな取り組みを行っている。バルセロナなどとエキシビジョンマッチで対戦する『街クラブ選抜』を結成することだ。

 昨年同様に2つの選抜チームが世界の強豪クラブとエキシビジョンマッチに挑む。さらに、今年からは新たな試みとして、選抜チームした1チームをグループリーグから大会に参加させる。

 大会を主催する株式会社Amazing Sports Lab Japan 浜田満代表取締役社長は、街クラブ選抜枠を増設したことについてこう説明する。

「前回大会、選抜チームで大会に出場した子どもたちを12月にスペインへと連れて行きました。バレンシアのU-13など強豪クラブと対戦したのですが、仲間同士で切磋琢磨した子どもたちの成長を実感することができました。そういったことから、『街クラブ選抜』に参加した選手たちに、今年からは新たな環境をつくりたいと考えました」。

 そのなかで、3つの街クラブ選抜に加わるメンバーを決めるべく、中日本、西日本、東日本の3地域に分けてセレクションを実施。4月29日から2日間わたり行われた東日本セレクションには約160名の選手たちが集結し、バルセロナなど欧米の強豪チームへの挑戦権を目指した。

 東日本セレクション最終日となった30日は、29日の1次選考を通過した55名が参加。座学を行ったのちに、11対11のゲーム形式で選手たちは、自分の力を存分にアピール。「2次選考になると、レベルが高くなった」と選考会に参加した大矢シェグンくんが語るように、随所に好プレーが飛び出した。

 また、選考に携わる浜田社長も「去年は1次選考で落選したけど、今年はそこを通過したという選手もいます。1年で子どもたちがどれだけで伸びたかが分かります」と、選手たち個々のレベルが向上していること実感していた。

 セレクションの合格発表は5月2日に行われ、本大会に参加するチームは20名から23名、エキシビジョンマッチに参加する2チームは合わせて40名が選出される予定となっている。

【次ページ】フォトギャラリー

カテゴリ別新着記事

ss



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク