【第38回全日本少年サッカー大会】鳥取県大会 決勝フォトレポート&結果 「PK戦を制したFCアミーゴが2年ぶり13回目の全国大会出場を果たす!!」

2014年06月16日

大会情報

PK戦を制したFCアミーゴが2年ぶり13回目の全国大会出場を果たす!!

2014全少鳥取04

(文・写真●石倉利英)

 6月14日(土)に行われた、「第38回全日本少年サッカー大会 鳥取県大会」最終日。準決勝で弓ヶ浜フットボールクラブを下したフットボールクラブアミーゴ(以下、FCアミーゴ)と、境フットボールクラブAを退けた就将(しゅうしょう)SCが、全国大会出場をかけて激突した。
 
 立ち上がりから激しいボールの奪い合いが続いたが、前半は両チーム無得点。迎えた後半3分、FCアミーゴはCKのこぼれ球を野坂凌くんが蹴り込んで先制点を奪った。しかし、その後は懸命に反撃する就将SCが主導権を握り、このまま試合終了かと思われた後半19分、CKのチャンスを生かし、田村翔太くんが決めて土壇場で同点とした。

 5分ハーフの延長では両チームとも得点を奪えず、勝敗の行方は3人制のPK戦に持ち込まれた。先行のFCアミーゴは1人目の織田陽仁くん、2人目の金坂捺くんが連続で成功。そして、金坂博監督からPKで飛ぶコースの指示を受けた、FCアミーゴのGK安田圭佑くんが、1人目と2人目を連続ストップ。勝利が決まった瞬間、「監督の指示通りにボールが来て、止めることができてよかったです」という安田くんにチームメイトが駆け寄り、喜びの輪が広がった。

 FCアミーゴは2年ぶり13回目の全国大会出場。昨年は決勝で敗れ、今年は西部地区予選決勝で就将SCに0-1で敗れており、2つの雪辱を果たしての優勝となった。金坂監督は「試合後に選手たちが泣いていて、私も本当にうれしかったです」と語り、キャプテンの金坂捺くんは「ゴールをたくさん決めたい」と全国大会での活躍を誓った。

■FCアミーゴ 金坂博監督のコメント
就将SCは9番、10番、3番、11番の4選手が軸なので、そこにボールが行ったときに、早くアプローチして自由にさせないように、と選手たちに伝えました。(PK戦は)西部地区予選で、就将SCの選手がPKを蹴るのを見ていて、あとは選手の癖や特徴から、こう蹴ってくるだろうと考えて、ゴールキーパーに指示しました。「思い切って飛べばいい」と話したのですが、普段通りにやってくれたと思います。われわれはスーパーな選手がいるわけではない。全国大会では、チーム全員が少しずつかかわりながら、先発以外の誰が出てもチーム力が落ちないようにして、16人全員で頑張って戦いたいです

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

イングランド サッカー

Twitter Facebook

チームリンク