ボリビアとノルウェーから学んだ育成の本質。 日本が掲げる「プレーヤーズ・ファースト」の原型

2019年01月27日

コラム

日本サッカー協会(JFA)は「プレーヤーズ・ファースト」を合言葉に、フェアプレーの重要性などを掲げている。そのルーツをたどると、JFAで技術委員長などを歴任した小野剛氏が、南米と北欧で見たグラスルーツの光景があった。今回は、この言葉が持つ本当の意味を考えていきたい。

『サッカーテクニカルレポート 超一流のサッカー分析学』より一部転載

文●小野剛 写真●Getty Images、フットボール批評編集部


5豎コ蜍・20180304_0706

「プレーヤーズ・ファースト」を体現するボリビア

 アメリカW杯が開催された1994年にイングランドに2度目の留学へ行った私には、ワールドカップの出場国を見るなかでいくつか気になる点がありました。

 特に私が興味を引かれたのが、ボリビアとノルウェーでした。

 アメリカW杯を目指して戦った日本代表は、〝ドーハの悲劇〞で初出場の夢を断たれました。そんな大会に、ボリビアは11大会ぶり3回目、ノルウェーは12大会ぶり2回目の出場を果たしていました。つまり、両国とも久々のワールドカップ出場だったわけです。

「何か秘密があるに違いない」

 そう思いました。

 少し調べると、ボリビアの選手の出身チームに偏りがあることに気づきました。

 マルコ・エチェベリ、エルウィン・サンチェス、ルイス・クリスタルドといった選手たちは、揃ってタウイチ・アカデミーというクラブで育ったことがわかったのです。

 成城大学で一貫指導の素晴らしさを知っていた私は、「絶対に自分の目で確かめたい」と思い、ボリビアを目指しました。

 タウイチ・アカデミーは首都ラパスではなく、ボリビア第2の都市サンタクルスにある、選手育成のための学校でした。

 埼玉県の名門・武南高に編入し、本田技研を経て、1990年代に全盛期のヴェルディ川崎で活躍した石川康もタウイチ・アカデミーの出身。私が訪れたときは、ボリビアの家にお姉さんが住んでいて、詳しい話を聞かせてくれました。

 タウイチ・アカデミーのグラウンドはボコボコでした。原っぱといった感じの場所で、小さな子どもたちがボールを蹴っていました。まさに、サッカーの原風景の様相です。

 案内してくれたメニーナが、タウイチの成り立ちを教えてくれました。

 ボリビアにはストリートチルドレンが多く、何かに心を燃やさないと酒やドラッグなど非行に走ってしまう。彼らをサッカーに打ち込ませることで健全に育てたい。タウイチ・アカデミーは、そんな理想を掲げてスタートしたそうです。

・薬物、アルコールなどから少年たちを遠ざけ、サッカーを通じて健全に育てる。
・体力、感性、知性を向上させるための環境を整え、子どもたちを育成して社会形成に貢献する。
・子どもたちの才能を開花させるためのトレーニングを行ない、プロへの道筋をつける。
・子ども、スポーツ、平和をテーマに掲げ、大会をとおしてボリビアの子どもと世界をつなげる。

 クラブが掲げるビジョンは子どもたちの育成で、サッカーで勝つことは二の次でした。それでも、「タウイチに入れば将来に希望が持てる」という噂が口コミで広まり、入団を希望する者が増え、それに伴って子どもたちに将来に希望を持たせたい、健全で良い街にしたいと望む富裕層からの寄付も集まるようになったと言います。


【ブラジル、アルゼンチンなど5カ国に囲まれるボリビア。代表チームはワールドカップに3度出場している】

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

取材備忘録

Twitter Facebook

チームリンク