FCトリアネーロ町田に新たに加わった「情熱」。イタリア遠征が改めて教えてくれたこと

2019年07月22日

ジュニアサッカーニュース

FCトリアネーロ町田は日本の代表として、イタリアの国際大会『ユニバーサル・ユース・カップ』(4月19~22日)に出場した。予選リーグは1勝2敗で負け越し、3位トーナメントに回ることになった。徐々に世界の強度に順応してきたトリアネーロは破竹の3連勝を飾り、同トーナメントを圧倒的な強さで勝ち上がってきたチェルシーが鎮座する最終戦に辿り着く。待っていたのシビれるフィナーレだった。全2回の後編も若山聖祐監督(34)の回顧から、リアルなイタリア遠征記をお伝えする。

取材・文●石沢鉄平 写真●FCトリアネーロ町田提供


  
Trianello
   
チェルシーはマンツーマンを極端に嫌った
   
 チェルシーの試合をつぶさにチェックしていた若山監督は試合前から弱気モードになっていた。「フィジカル面もそうですけど、個々の能力がすごいなと思っちゃった」と白状する。そこで、1対1の局面をつくると厳しいと考え、数で守るいわゆるゾーンを選択する。しかし、このチョイスは結果的に失敗に終わる。
 
「前半の3、4分で2発やられて…。スライドが間に合わなくて、スペースを与えた瞬間にスピードでぶっちぎられちゃったんですよ」
 
 トリアネーロの守備陣を切り裂いたチェルシーの10番のスゴさは若山監督の脳裏にしっかりと刻まれている。
 
「中央で3人抜き。これは将来、確実にプロだな、みたいな。身長は小6なのに足は中2、中3の速さ。こんな選手いるんだっていう、ホントのスーパー」
 
 大量失点の悪夢がよぎるなか、指揮官は早々にゾーンを諦める。2トップのチェルシーに合わせ、2バックにしてマンツーマン気味に変えた。なんとこれが吉と出る。
 
「開き直ってミラーゲームにしたら相手がすごい嫌がって。ワンタッチ、ツータッチのはがし方があまり得意ではなかった。ウチがプレッシャーをかけたらいい反応を見せなかったので、これはいけるなという感覚が出てきたんですよ」
 
 スラスラと読み流しそうになるが、ゾーンからマンツーマンへスムーズに切り替える作業は決して簡単なことではない。日本で相手のシステムに合わせる練習、試合を重ねてきた賜物だと若山監督は言う。
 
「選手の対応はものすごく早かったですね。相手のシステムを見てどう守備をするのか日本では毎週やっています。高学年になってくるとキックオフする前から自分たちで(相手が)3-3-1だぞとか2-4-1とか言っていますから」
 
 後半にセットプレーで1点を返すと、流れは完全にトリアネーロに向く。今度は2-2に追いつき、そして逆転…。予選リーグのルガーノ戦から破竹の5連勝で、初の海外遠征を見事に締めてみせた。
   

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

育成全体のオーガナイズ

Twitter Facebook

チームリンク