コラム

ゴールキーパーばかりやっていていいの?

2013年03月12日

池上正さんが子どもに対する悩みや、保護者・コーチの子どもを取り巻く大人に関する疑問や悩みに答えるこのコーナー。今回はゴールキーパーが大好きな息子さんに対して、保護者の方が抱いたギモンについてです。

◎試合(試合で修正したい悩み)

qicon
(質問者:小学4年生の保護者)

ゴールキーパーが大好きな息子ですが、他のポジションもしてみては? と思ってしまいます。小学生時代はいろんなポジションをしたほうがいいと聞きますが、息子はチームでもほとんど固定でキーパーです。コーチが息子の希望を聞いてくださってるので、試合も必ずキーパーで出ています。スクールにも通っていて、フィールドの練習をしているので、他のポジションもできると思うのですが、ボールを守るのが好きだと言って練習試合でもフィールドを走ることはありません。まだ小学生なのに、ここまでこだわって好きなポジションだけしていていいのかなぁ…と時々思います。キーパーをしているときは本当に嬉しそうです。だからと言ってスクールも楽しいので辞めることもないのですが…。本人に任せてこのままでいいでしょうか?

qicon
一番いいのは本人が
「他のポジションもやりたい」と言えること

 コーチの立場で言わせていただくと、小学生時代は子どもが「ゴールキーパーをしたい!」と言ったとしても、ずっとキーパーをやるのは賛成できません。最終的に6年生でゴールキーパーになったとしても、フィールドでいろいろなポジションをやるべきだと思います。ですから、これは指導者の問題です。「ゴールキーパーに固定しないでください」と言いたいですね。

 ただ、ご相談の文章を読んでいてひとつ気になったのは、親御さんが息子さんがゴールキーパーをするのを不満なのかな? と思えたことです。

 オシムさんは「ゴールキーパーは特別なポジションではない。あくまでも選手の11分の1だ」と話していました。近代サッカーでは、足元の技術や判断力など要求されるものは非常に多いポジションで、11番目のフィールドプレーヤーともいわれます。ドイツなどでは、子どもたちが最も憧れるポジションはゴールキーパーです。

 一番良いのは、子ども自身が「コーチ、僕はゴールキーパーも好きだけど、たまにはフィールドもやってみたいな」と言えることです。親としては「プレーの幅が広がるかもよ」くらいは言ってもいいですが、「コーチに言ってみたら?」とまでは誘導してはいけません。

 親のポジションはあくまで応援団。「君がどんなポジションでも、お母さんは応援してるよ。一生懸命やっている姿を見るのが大好きだよ」と言ってあげられるといいですね。

プロフィール

池上 正(いけがみ・ただし)

1956年大阪生まれ。大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼年代や小学生を指導。02年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。同クラブ下部組織の育成コーチを務める。03年より小学校などを巡回指導する『サッカーおとどけ隊』を開始、千葉市・市原市を中心に190カ所におよぶ保育所、幼稚園、小学校、地域クラブなどで延べ40万人の子どもたちを指導した。2010年1月にジェフを退団。同年春より「NPO法人I.K.O市原アカデミー」を設立。理事長としてスクールの運営や指導、講習会、講演をこなすかたわら、大学や専門学校等で講師を務めている。2011年より京都サンガF.C.アドバイザー、12年2月より京都サンガF.C.ホームタウンアカデミーダイレクターに就任。08年1月に上梓した初めての著書『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』(08年・小学館)は、11年12月現在で7万部に迫るベストセラー。11年9月には指導現場で、その実践例を大公開した『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』が発売。U-12の育成に携わる指導者や保護者には必見のDVD付き書籍となっている。

近刊情報

『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』

指導者や保護者から多くの支持を得ている『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』の著者・池上正氏が普段からよく使う象徴的な言葉(フレーズ)を取りあげながら、どのように子どもと接すればいいのか、言葉をかければいいのか、子どもとの距離のとり方……子育てやサッカー指導に悩む方々の具体的な解決策として、 “オトナが守るべき10のおきて”を伝授します。

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク