【第37回全日本少年サッカー大会】東京都大会 決勝レポート「昨年度の調布ジュニアに続き、三菱養和SC巣鴨ジュニアが初優勝!」

2013年06月10日

昨年度の調布ジュニアに続き、三菱養和SC巣鴨ジュニアが初優勝!


6月9日(日)、多摩市立陸上競技場で「第37回全日本少年サッカー大会東京都中央大会」の準決勝、決勝が行われた。当日は梅雨の晴れ間が広がり、最高気温28度を記録する厳しい暑さの中での戦いとなったが、選手たちは暑さに負けることなく、はつらつとしたプレーを見せてくれた。

決勝の舞台に上がったのは、危なげなく決勝まで勝ち抜いてきた三菱養和SC巣鴨ジュニア(豊島区)と、準決勝で東京ヴェルディジュニア(稲城市)と戦い、PK戦を制して決勝に勝ち上がってきた横河武蔵野FC(武蔵野市)。

決勝独特の緊張感が漂う中で、立ち上がりは三菱養和SC巣鴨ジュニア(以下、三菱養和SC)がボールキープ。試合の均衡を最初に破ったのは三菱養和SC。前半11分、コーナーキックからゴール前の混戦を15番の栗原イブラヒムジュニアくんが冷静に押し込み、三菱養和SCが先制!
横河武蔵野FCも11番の水野くんが積極的にシュートを放ち、必死で反撃を試みるものの、三菱養和SCの堅い守りを前に、なかなかゴールまで結びつかない。両チームとも何度かチャンスは作るものの決定的な場面はないまま1-0で前半終了。

後半、開始早々に横河武蔵野FCが決定的なチャンスを作って三菱養和ゴールを脅かすが、ゴール前まで走り戻った15番の栗原選手が危機一髪でクリア。1点をリードした三菱養和SCは後半も落ち着いた試合展開。10番の今野くんを中心に、細かいパスをつないで横河武蔵野ゴールへの攻撃の手を休めない。最後まで怒涛の攻めを繰り返し、1-0のままタイムアップ。

試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、歓喜に沸く三菱養和SCの選手たち。ベンチを飛び出し、監督やコーチが笑顔で抱き合う一方で、手で顔を覆い、ピッチに仰向けになって感激に震える選手たちの姿が印象的だった。

その後は、全員が満面の笑顔でスタンドの応援団に優勝報告。“養和魂”の象徴である赤いユニフォームを身にまとい、全国大会での活躍を胸に誓う。

■三菱養和SC巣鴨ジュニア 大槻邦雄監督のコメント
今日は朝、チームで集合したときから子どもたちがとてもリラックスしていたので、いい雰囲気だなと感じていました。優勝という結果を残すことができましたが、まだまだチームとして高めていかなければいけない部分もたくさんあります。勝ったらそれでOKとなりがちなのですが、そこは質の部分を問いかけるようにこれからの練習で子どもたちに声がけしていきたいと思います。うちの場合はジュニア年代で終わりではなく、ジュニアユース、ユースへとつなげていかなければいけない。三菱養和のジュニアとして今やるべきこと、高めていかなければいけないことをもう一度確認して、決勝大会に臨んでいきたいですね。三菱養和のプライドを持って、プレー以外の部分でも周りのチームから尊敬されるようなチームを目指したいと思います。

(文・写真●ジュニサカ編集部・廣瀬)

■大会フォトギャラリー
(写真●ジュニサカ編集部・廣瀬)

カテゴリ別新着記事

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク