コラム

池上コーチの一語一得「笑顔でサッカーやらせたい」

2013年11月12日

池上正さんが子どもに対する悩みや、保護者・コーチの子どもを取り巻く大人に関する疑問や悩みに答えるこのコーナー。今回は小学校1年生を教えるパパさんコーチからのご質問になります。

◎練習(トレーニング場面での悩みやギモン)

qicon
(質問者:小学1年生の保護者)

小学校のチームでパパコーチとして指導の手伝いをしているのですが、ついつい熱くなってしまい、気づくと子どもたち(1年生)の顔から笑顔がなくなっていることがあります。いろいろ本を読んで、教えすぎないように、また、結果を求めすぎないように気をつけているのですが、まだ上手く指導できません。コツがあればアドバイスお願いします。

qicon
まずは大人が笑顔になろう。
1年生の指導三つのポイント

 まず最初に言っておきましょう。
 まだ1年生です。彼らのプレーを見ているだけで楽しくなりませんか? 何も焦る必要はありません。大げさに言えば、上達具合とか進歩を見たいと思うから焦るのです。小学生、特に低学年の間は「笑顔だけ見えていればいい」そのように考えてください。

 この学年のコーチが教えるとしたら、ポイントは三つあります。まずひとつはサッカーというスポーツの本質を伝えること。

「サッカーは点を取ったり、取られたり。そういうスポーツだね。勝ったり、負けたりする。でも、いつもゴールを狙って行こう」

 そんなふうに話してみてください。

 そして、もうひとつ。練習はできるだけ小さなピッチで、少ない人数で試合をさせましょう。3対3、4対4。できるだけ少人数で対戦させます。だれかが守って、誰かが攻める。常に全員がボールと関わっている状態をつくるためです。

 三つめ。ふたつめと関連することですが、彼らを飽きさせたり、暇にさせてはいけません。全員で攻めて、全員で守るという感覚を体中に浸みこませるのもこの時期の大切なポイントです。

 すでにお伝えしましたが、とにかく小学生、特に低学年は何も焦る必要はありません。一緒に楽しんでください。1年生は、小さくてやわらかい心の持ち主です。コーチの怖い顔にはすぐに反応します。子どもたちを笑顔にしたいなら、まず大人が笑顔でピッチに立つことです。

プロフィール

池上 正(いけがみ・ただし)

1956年大阪生まれ。大阪体育大学卒業後、大阪YMCAでサッカーを中心に幼年代や小学生を指導。02年、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成普及部コーチとして加入。同クラブ下部組織の育成コーチを務める。03年より小学校などを巡回指導する『サッカーおとどけ隊』を開始、千葉市・市原市を中心に190カ所におよぶ保育所、幼稚園、小学校、地域クラブなどで延べ40万人の子どもたちを指導した。2010年1月にジェフを退団。同年春より「NPO法人I.K.O市原アカデミー」を設立。理事長としてスクールの運営や指導、講習会、講演をこなすかたわら、大学や専門学校等で講師を務めている。2011年より京都サンガF.C.アドバイザー、12年2月より京都サンガF.C.ホームタウンアカデミーダイレクターに就任。08年1月に上梓した初めての著書『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』(08年・小学館)は、11年12月現在で7万部に迫るベストセラー。11年9月には指導現場で、その実践例を大公開した『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』が発売。U-12の育成に携わる指導者や保護者には必見のDVD付き書籍となっている。

近刊情報

『サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10【DVD付き】』

指導者や保護者から多くの支持を得ている『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法』の著者・池上正氏が普段からよく使う象徴的な言葉(フレーズ)を取りあげながら、どのように子どもと接すればいいのか、言葉をかければいいのか、子どもとの距離のとり方……子育てやサッカー指導に悩む方々の具体的な解決策として、 “オトナが守るべき10のおきて”を伝授します。

カテゴリ別新着記事

ss



school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

人気記事ランキング

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク