【第38回全日本少年サッカー大会】石川県大会 決勝フォトレポート&大会結果「豊富な攻撃の形を見せた美川FCジュニアAが、初の石川県代表の座に輝く!!」

2014年06月17日

大会情報

豊富な攻撃の形を見せた美川FCジュニアAが、初の石川県代表の座に輝く!!

決勝-美川A対額⑦

(文・写真●山本浩之)

6月14日(土)、津幡運動公園陸上競技場にて「第38回全日本少年サッカー大会 石川県大会」の決勝があり、美川FCジュニアA(以下、美川A)が額サッカースポーツ少年団(以下、額)を6-1で破り、チーム初となる全国大会への切符を手にした。

キックオフの笛が吹かれると、いきなりセンターサークル付近からシュートを放った美川A。その後もコースがあれば、ミドルレンジからでも狙ってくるなど、シュートに対して積極的だった。このゴールへの意識の高さが、美川Aに流れを呼び込む。得点シーンは前半5分。コーナーキックからのボールを7番・駒沢直哉くんがボレーで決めたのを皮切りに、7分には5番・島野輝くんの抑えの利いたシュートがゴールネットを揺らす。

2点差になると、今度はドリブルに冴えをみせる。27番・島野怜くんがドリブルで抜け出すと強烈なシュートまで持っていく。ボールは惜しくもクロスバーを叩いたが、こぼれ球に11番・角村諒太くんが鋭く反応した。そして17分の10番・丹羽一颯くんがドリブルで切れ込んでから放ったシュートは4点目となった。やがて前半が終わりに近づいても美川Aの勢いは止まらず、18分には、9番・廻智樹くんからのクロスを27番・島野伶くんが冷静にボールをコントロールしゴールを決め、スコアは前半で5-0となる。

後半になると、開始直後に放った2番・大平拓人くんのシュートは相手選手に当たると、そのままゴールに吸い込まれる。「当たればコースが変わって決まるかもしれないと思ったので蹴りました」と意識的に狙ったシュートだったようで、このように、美川Aは積極的なシュートとドリブルによる個人技で攻撃力をアピールしたが、一方でスルーパスも効果的に織り込み、様々な攻撃の形を見せた。対する額も試合終了間際に20番・佐藤瑠哉くんがループシュートで1点を返すが、力及ばず、最終的に6-1で試合終了。美川Aが優勝を飾り、初の石川県代表の座に輝いた。

試合後、決勝大会への出場を決めた美川Aの選手たちは、「強いチームと対戦できるのが楽しみ」や「全国制覇をしたいです!!」とそれぞれに思いを語ってくれたが、サッカーの試合だけではなく「仲間や友達を増やしたい」という楽しみもあるようだ。日本全国から集まった普段は接する機会のないチームとの垣根を越えての交流は、小学生の子どもたちに貴重な経験をもたらすことだろう。

■美川FCジュニアA 釜谷充哉監督のコメント
この大会で大切にしていたのは、自分たちの目指しているサッカーをすることです。決勝で得点差がついても、いつもどおりの攻撃が主体のプレーを続けることが大切でした。シュート力のある選手たちが揃っていますので、エリアを問わずにシュートが打てると思ったら狙う。相手はシュートを打たれるのが一番嫌ですからね。後半になってゴールが決まらなかったところは、疲れのある状態でも決められるようにするという課題が見つかりました。全国大会は初出場になりますが、静岡県や北信越地方への遠征やダノンネーションズカップにも出場する機会がありましたので、県外のチームとの交流を大切にしています。再会するチームもいるだろうし、また新しく知り合うことのできるチームもあるでしょうから、そういった部分でも楽しみです。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

Tokusyu7SP

Twitter Facebook

チームリンク