【第38回全日本少年サッカー大会】島根県大会 決勝フォトレポート&大会結果「堅守が光ったFCおろちが、16年ぶり2回目の優勝を決める!」

2014年06月23日

大会情報

堅守が光ったFCおろちが、16年ぶり2回目の優勝を決める!

004_140622決勝-FCおろち対FCボア益田②

(文・写真●石倉利英)

6月22日(日)に行われた、「第38回全日本少年サッカー大会 島根県大会」最終日。準決勝で長久ジュニアサッカークラブを下した、おろちフットボールクラブ(以下、FCおろち)と、FC斐川に勝利したFCボア益田(以下、ボア益田)が決勝で激突した。
 
大事な決勝の舞台とあって、序盤からお互いに慎重な戦いが続いた。FCおろちはボールを力強く縦に運びながら攻め、ボア益田はドリブルや両サイドを広く使う攻撃でゴールを目指したものの、前半は0‐0で終えた。
 
後半立ち上がりの2分、先制したのはFCおろち。コーナーキックからのこぼれ球を、ゴール前にいた今若友勢くんが蹴り込んでネットを揺らした。その後はボア益田も、矢野佑介くんの突破力を生かした攻めで同点を目指したが、出雲支部予選から県大会準決勝まで7試合連続無得点という堅守を誇るFCおろちの守備を崩せなかった。
 
逆に後半16分、FCおろちは相手のオウンゴールで1点を追加。その後の相手の攻撃もしのぎ、2‐0で勝利した。
 
FCおろちの優勝は、16年ぶり2回目。出雲支部予選から全8試合を無失点というすばらしい内容で頂点に立った。ゴールキーパーの古川海斗くんは「出雲支部予選から無失点だったので、県大会でも絶対に失点しないように、と思っていた」と振り返ったが、それを見事に実行し、全国大会への切符を手にした。

■FCおろち 勝部清監督のコメント
予選リーグでは、心もディフェンシブになっていました。でも、今日は(トーナメントなので)引き分けはない。「勝たなければ上には行けない。もっとアグレッシブにゴールを狙っていかなければいけない」と選手たちに話しました。ですが、決勝戦でも2点目が入った後に、ようやく自分たちのプレーが出るようになりましたね。全国大会では、ドリブルでもパスでも、自分たちでボールをしっかりつないで、みんなで相手のゴールを目指すプレーを出したいです。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク