【第38回全日本少年サッカー大会】決勝大会 ジュニサカ取材日記⑧「男の子だけじゃない! 女子選手たちの挑戦と成長」

2014年08月07日

大会情報

男の子だけじゃない! 女子選手たちの挑戦と成長

(文●平野貴也 写真●佐藤博之)

「第38回全日本少年サッカー大会」は、第5日の予定を終了してベスト4が出そろいました。横河武蔵野FCジュニア(東京都)、セレッソ大阪U-12(大阪府)、レジスタFC(埼玉県)、柏レイソルU-12(千葉県)が日本一の座を争います。一方、敗れたチームもドリームトーナメントを戦うほか、参加チーム同士の練習試合などで貴重な経験を積んでいます。今回は、その中で男子に混ざって奮闘している女子選手たちを何人か紹介します。

 2次ラウンドまで進んだリベロ津軽SC U-12(青森県)には、2人の女子選手がいます。葛西由依さんは左DFとして全5試合に先発出場。リーダーシップがあってかっこいいと憧れている岩清水梓選手(日テレ・ベレーザ)のような頼りがいのある守備でチームの躍進に貢献していました。「普通の大会とは違う雰囲気。見ている人が多いし、強いチームばかり」と言いますが、ピンチには体を張ってスライディングで防ぐなど男子に負けず劣らずのプレーを見せていました。

リベロ津軽葛西選手
(リベロ津軽SC U-12の葛西由依さん)

 チームメートの佐藤公美さんは1試合に途中出場。「相手が速くて、自分とボールとの間に体を入れられてしまった」と全国大会ならではの迫力あるプレーに刺激を受けた様子でした。地元のVivace FC(静岡県)では、古本菜乃葉さんが出場。特に鹿島アントラーズジュニア(茨城県)との対戦が心に残っているそうで「相手がすぐにプレスに来てボールを取られてしまったけど、取り返してパスをつなぐことができた場面もあった」と苦戦をしながらも成功体験に手応えを得ていました。

 男子に混ざっても物怖じしない彼女たちは、しっかりとした考えの持ち主が多い印象です。オオタFC(岡山県)の嶋田華さんは「将来の夢は、なでしこジャパンの先発。中学では、岡山湯郷ベルの育成組織に入りたいと思っている。攻守の切り替えが速くて、体力がある川澄奈穂美選手(シアトル・レイン)のようになりたい」と夢を語ってくれました。丸亀FC(香川県)の木村文音さんの夢は、かなり具体的。「INAC神戸に入って活躍すれば、なでしこジャパンで先発できる。兵庫の日ノ本学園がINAC神戸と練習試合をよくするから、そこで活躍できれば、INACに行けるかもしれない。だから日ノ本学園に入りたいし、そのために香川で一番強いアザレアというチームに行くつもり」と将来から逆算したプランを教えてくれました。明確な夢に向かって努力し続けている姿は頼もしい限りです。

オオタFC嶋田選手
(オオタFCの嶋田華さん)

 また、大会期間中はチームを問わずに女子選手だけが利用する部屋があり、そこでの生活を通じてコミュニケーションが育まれているようです。丸亀FCの木村さんは「4人で同じ部屋。最初は少し気を使ったけど、トランプとかをしながら仲良くなった。試合の結果などを話しているし、楽しい」と話してくれました。

 一方、泊まりでの遠征が初めてだったという一身田FC(三重県)の阪口歩希妃さんは、チームの仲間とは別部屋で初日は寂しさを感じて泣いてしまいました。しかし、同部屋だったオオタFCの嶋田さんが携帯電話を貸してくれたのでお母さんと電話で話して落ち着きを取り戻すことができ、いまでは友達が同じ部屋にいることで楽しく過ごせていると言います。

 今大会には8人の女子選手が参加していますが、男子選手のプレーに刺激を受けたり、女子選手同士で友だちになったりと全国大会を貴重な経験の場にしているようです。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク