全国大会は選手たちが成長するための舞台。逆境を乗り越えたブリンカールが、さらにパワーアップして2連覇の達成に臨む‼︎/バーモントカップ取材レポート【5】

2016年08月13日

バーモントカップ第26回全日本少年フットサル大会

バーモント取材レポ000

「バーモントカップ第26回全日本少年フットサル大会」も1次ラウンドを終えてベスト16が出揃いました。明日の準々決勝進出を懸けて、大田区総合体育館では愛知県代表・ブリンカールFCと千葉県代表・マルバ千葉fc U-12が激突。昨年度の決勝戦と同じ注目のマッチアップです。

 先制したのはブリンカール。パワープレーによるゴレイロの得点でした。

 序盤から積極的にパワープレーにでた理由をブリンカールの古居俊平監督はこう話します。

「あれは作戦というよりも、今年はチームの状況的にゴレイロのできる選手がいなかったんです。全員がフィールドの選手です。そんな中からゴレイロを選んだんです。だから専門外のポジションでキャッチングなどの技術的な部分で不備があるんですが、逆にフィールドプレーヤーの利点を活かしたんです」

 パワープレーをやっているのではなく、つまり手の使えるフィールドの選手という位置づけで5人の選手がフィールドで戦えるスタイルなのです。そんなブリンカールの策にマルバは混乱しリズムを崩してしまいます。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

取材備忘録

Twitter Facebook

チームリンク