サッカーで「声を出す」意味って? 理解しておきたい声出しの“必要感”と実践法

2018年01月22日

メンタル/教育

20171228_0583

3年生以上は声出しの“必要感”を持たせること

 うちの小学校では、声を出すことの重要性を意識しているので、1年生から声を出させるトレーニングをしています。

 方法はまずリズムよく読めるやさしい詩を選んで、先生と子どもたち一緒になって声を出す。子どもはみんながやればやりたくなるものなので、いきなり自分一人では声を出すことに抵抗がある子もいるのです。

 そこで、みんなで詩を読む。リズムがいいことの楽しさを利用して声を出させるんですね。そうすると自分の声が自分の耳にも入ってくるし、仲間の声も入ってくる。すると、声を出していることが心地よく感じるようになるのです。

 次に、子どもたちが自分で好きな詩を選び、それぞれに練習した詩を先生に向けて一斉に読み聞かせる。さらに、そこまでできたら、選んだ詩を教室の前に出てきて一人で音読する。このように低学年は声を出すことの楽しさを実感させるように段階を踏めば、いきいきと発声すようになるんですよ。

 問題は、中学年高学年ですね。この年代に声を出させるポイントは、必要感を持たせることです。その頃になると、なかなか自分の声を出さなくなりますから。

 そう考えると、スポーツの場は非常に有効だと思います。私は4年生の担任をしているのですが、サッカーをしている子に「サッカーで声を出すことは大事?」と聞いてみたところ「すごく大事だ」とみんな言っていました。

「試合では特に大事。声を出さないとパスが通らないし、声を出すことでポジションを確認できる」と。サッカーの中で、声を出すことの必要感というものを、子どもたちはしっかり持っているんです。あとはその必要感を練習のときなどに子どもたちに感じさせるトレーニングをいかに組みこんでいくか。これは指導者サイドの工夫しだいですね。

 例えば、スタートラインに3人並び同時にスタートするようなパス練習では、ドリブルをする真ん中の子が、左右どちらかの声が大きい方の友達にパスをする競争や、30人のチームを10人ずつにわけて、チーム対抗で声出し競争みたいなことをやるなど。ゲーム感覚、遊びの要素を取り入れて、練習で声を出す場を意図的に作るといいのではないでしょうか。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

ゲームモデル

Twitter Facebook

チームリンク