栃木SCが『プレミアリーグ U-11』初優勝でワーチャレ本大会の出場権獲得!/決勝レポート

2019年04月02日

アイリスオーヤマ プレミアリーグ U-11 チャンピオンシップ 2019

取材・写真・文●加藤健一(ジュニサカ編集部)

0-2

栃木SCが初優勝!

 3月31日(火)、北市川フットボールフィールド(千葉県市川市)にて『アイリスオーヤマ プレミアリーグ U-11 チャンピオンシップ 2019』の決勝ラウンドが開催。前回大会優勝のFCパーシモン(神奈川県/以下、パーシモン)と栃木サッカークラブ(栃木県/以下、栃木SC)の対戦となった決勝戦は、延長戦の末にパーシモンを2-1で下した栃木SCが初優勝を果たした。
 
 U-11年代が参加する同大会は、20都府県でリーグ戦を実施。各都府県の上位チームが集うチャンピオンシップが30日、31日の2日間に渡って行われた。
 
 30日の一次ラウンドをともに3戦全勝で勝ち進んだ両チーム。準決勝でパーシモンはHonda FC(静岡県)を3-1で、栃木SCは八尾大正フットボールクラブ(大阪府)を1-0で破り、それぞれ決勝戦に駒を進めた。
 
 第1ピリオド9分、パーシモンはコーナーキックのチャンスを獲得。コーナーキックのボールはGK正面を突いたが、これをGKがファンブル。こぼれたボールが味方にあたり、オウンゴールとなってパーシモンが先制に成功した。
 
 追い付きたい栃木SCは第3ピリオド3分、自陣からのロングボールを右サイドでおさめると、中央を駆け上がった25番・上野瑛汰くんがボールを受けて同点弾を決める。上野くんは試合後、「自分から要求してゴールを決められて、悔いのない試合にできた」と話してくれた。
 
 試合は1対1のまま第3ピリオドを終了。大会規定により、試合は10分間の延長戦へと突入した。
 
 栃木SCは25番・上野くんが左サイドでボールを持つと、カットインからミドルシュートを狙う。このシュートは相手DFに阻まれたものの、GKがはじいたところを19番・中島一騎くんが左足で押し込み逆転に成功した。

 試合はこのまま栃木SCが逃げ切り、2-1で勝利。チャンピオンシップ初出場にして第4回大会の王者に輝いた。

 4-2で勝利した一次ラウンドの松本山雅FC戦以外の4戦すべてを1点差で勝利してきた栃木SC。キャプテンの30番・野口慶くんは「苦しい試合もあったけれど、みんなで協力して、モチベーション上げて戦うことができた」と勝因を語ってくれた。

 優勝した栃木SCは、8月に開催される『U-12ジュニアサッカー ワールドチャレンジ 2019』本大会の出場権を獲得。国内外の強豪クラブと対戦することとなった。

0-1
<ジュニサカMOM>
栃木SC21番・佐久間彪冴

今大会のベストGK賞にも輝いた佐久間くんは、決勝戦では相手の勝ち越しを阻むビッグセーブを見せていました。試合後は、今後の課題として「前への飛び出し」を挙げていましたが、セットプレーの競り合いでは素早い反応でピンチの芽を摘んだプレーが印象的でした。
 
<関連リンク>
アイリスオーヤマ プレミアリーグ U-11 チャンピオンシップ 2019

 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク