バーモントカップの前哨戦『第8回malva championship2019』はブリンカールが優勝!!

2019年08月05日

ジュニアサッカーニュース

buincar
 

取材・文●石沢鉄平 写真●ジュニサカ編集部

 
組織的守備でフウガのピヴォをシャットアウト

 いよいよ今週10日から開幕するバーモントカップ(全日本U-12フットサル選手権大会)の前哨戦『第8回malva championship2019』が3日、沼南体育館(千葉県柏市)で行われた。バーモントカップに出場する4チームを含む全6チームが参加し、ブリンカールが決勝でフウガドールすみだエッグスを4-0で退け優勝した。
   
 フットサルクラブ同士の顔合わせとなった決勝は、ブリンカール、フウガドールすみだエッグスともにフットサルコートを熟知した絶妙なポジション取りでお互いチャンスを作らせない。徐々にブリンカールがフウガドール陣内でプレーする時間帯を増やし、前半に先制点を決める。その後も終始ブリンカールのペースが続き、“ゴラッソ”な鮮烈ミドルを突き刺すなど、最後まで攻守に隙を見せることなく前哨戦を制した。
   
 同決勝のハイライトは予選リーグ、決勝トーナメントでパワフルなプレーを連発したフウガドールのピヴォをブリンカールが組織で完全に抑え切った点に尽きる。右足の甲を傷め、決勝はベンチで戦況を見つめたブリンカールのキャプテン・宮川陸斗君は、「イタリアに行ってデカい選手を相手にして、組織でディフェンスすることを覚えました。うまく背後から取りにいけていたと思います」と胸を張った。
   
 ブリンカールは今週末のバーモントカップに愛知県代表として出場し、2015年以来となる夏の王者を目指す。古居俊平監督は「2015年は爆発的な個があったが、今年は飛び抜けた選手はいない。その分、連携、連動という面は高いレベルにある」と、“19ブリンカール”を表現する。とはいえ、筆者から見れば十二分に“個”は感じられた。夏の頂上決戦を盛り上げるチームの一つであることには違いない。
 
buricar2 
  

 
ジュニアサッカーニュース一覧はこちらから
 

>>ジュニサカ公式facebookはこちら
>>ジュニサカ公式Twitterはこちら
>>ジュニサカ公式Instagramはこちら
>>ジュニサカ公式Youtubeチャンネルはこちら
>>ジュニサカオンラインショップはこちら

 

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事

育成全体のオーガナイズ

Twitter Facebook

チームリンク