守備時のスペースと時間に対する感覚。そこにジュニア年代のさらなる成長の大きなヒントが隠れている【4月特集】

2018年04月25日

育成を考える

4月の特集「ジュニア年代の課題」の第1〜3回までは、チーム全体でサッカーをオーガナイズする観点で主に攻撃の部分にフォーカスを当てることが多かった。

・ボールをUの字型に動かすだけでなく中盤を活用し、もっと子どもの育成に役立てたらいいのではないか
・ボールを持っていない選手=主役という視点を持てたら練習メニューの作り方も変わるのではないか …etc.

そこで、4月特集の最終回は「守備」について触れたい。

■第1回
「U-15」と「U-12」年代のサッカーで起こっている「課題が同じ」なのはなぜか?

■第2回
「練習したことは試合に出る」。湘南ベルマーレの監督と主将がレアル戦で感じた課題とは?

■第3回
ボールを持つ選手=主役ではなく、保持者外=主役の価値観がジュニア年代の指導に必要不可欠である

取材・文●木之下潤 写真●佐藤博之


ファーストディフェンダーの奪う意識は高まったのだが…

 なぜ「守備」をテーマに取り上げたのかは、すでに第2回の記事で湘南ベルマーレU-15のキャプテン・竹田舜選手がヒントを出してくれている。「U-15 キリンレモンCUP」表彰式後の合同取材で、彼が語ったコメントを一部抜粋したい。

――個人として、次の練習からすぐに改善したいこと、改善できることがあれば教えてください。

竹田選手「練習は試合に出ると思うので、今回レアルのような強い相手と戦って、もっと練習から激しくチーム内でやっていかないといけないと感じたので、そこは次の練習から改善していきたいです 」

――そこは守備の部分ですか?

竹田選手「守備も攻撃も両方です。守備が上がれば攻撃が上がるし、攻撃が上がれば守備も上がるので、どちらも意識を高くやっていきたいと思います」

 攻撃と守備は表裏一体のものである。だから、攻撃力を向上させたければ守備の強化は欠かせない。そんなことは当たり前だと思っている指導者が多いと思う。確かに1対1、2対2の部分を見れば、日本チームの守備はしっかりした部分もある。

 解任されたが、ハリルホジッチが「デュエル」と発信し始めたことも大きなキッカケだったことは間違いない。「チャレンジ&カバー」のチャレンジの部分の激しさは彼の就任以降は確実に強度が高まったし、ジュニア年代の試合でも実践されてきた。

 ただ、ポジションを意識した守備、チームとしての守備についてはどうだろうか?

「U-12ダノンネーションズカップ2018」を取材した限りではチャレンジの部分、つまりファーストディフェンダーが抜かれてしまうとチーム全体としての守備が一気に崩れるシーンが多く見受けられた。

「チャレンジ&カバー」のカバーがファーストディフェンダーに切り替わり、ボール保持者にプレスに行くと途端にチーム全体のバランスが悪くなる。具体的にいえば、ポジションのスライドが行われず、カバー役がいなくなる。たまに守備時のスペースと時間に対する認知力の高い選手がそのカバーに入るのだが、今度はそこに穴ができてしまうのだ。

カテゴリ別新着記事

お知らせ

ga


school_01 都道府県別サッカースクール一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク