大会情報

EXILE CUP 2013決勝大会

「EXILE CUP2013」は、
FC Victoria伊丹有岡(関西代表・兵庫県)が優勝!!

10月5日(土)、しんよこフットボールパーク(神奈川県横浜市)にて「EXILE CUP2013」が開催された。小学校4年生から6年生によるフットサル大会として、今年で4年目を迎える本大会。全国9地区の予選大会で優勝したチームが出場し、日ごろの練習成果を披露した。

開会式になって、大会サポーターのEXILE TRIBEも登場し、選手たちと一緒にスペシャルサポーターのUSAさんが考案した「EXダンス体操」でウォーミングアップを行い、断続的に降り続く雨で冷えた体を温めた。

午前中の予選は、9チームを3ブロックに分けた総当りのリーグ戦で行われ、その結果、DESAFIO・C.F(四国代表・香川県)、緑東FC(東海代表・愛知県)、FC Victoria伊丹有岡(関西代表・兵庫県)の各ブロック1位の3チーム、そして各ブロック2位の成績上位チームである大分トリニータジュニアA(九州代表・大分県)の計4チームが決勝トーナメントに駒を進めた。

予選リーグの終了後には、スペシャルプログラム第一弾として、元サッカー日本代表・小倉隆史さんによる「adidasスペシャルクリニック」が行われた。小倉さんは、すね、つま先などボールをコントロールすることが難しい部分でのリフティングを実演すると「すねでも、ボールを当てるときの足の角度に注意をすれば、蹴ったボールは真上に飛んでいきます。丸くなっている靴のつま先でも、ボールがまっすぐ上に飛んでいくポイントはあります。そこに当てられれば連続してリフティングができるわけです。つまり、ボールをコントロールできているということになりますよね。だから、蹴る瞬間や止める瞬間には、しっかりとボールを見て、自分の狙ったイメージでボールを捉えられられるようにすることが大切なのです。そこを意識して練習してみてください」と選手たちにアドバイスを送った。

午後になってからの決勝トーナメントでは、FC Victoria伊丹有岡(以下、伊丹有岡)と緑東FC(以下、緑東)が勝ち上がり、決勝のピッチに立った。試合は、伊丹有岡が前半で3-0とスコアを広げると、折り返した後半には緑東にペースを掴まれ苦戦を強いられたが、ここまでの3試合で1失点しかしていない堅い守りを決勝でも発揮し、緑東にゴールを割らせることはなく3-0のままタイムアップ。「EXILE CUP2013」のチャンピオンチームに輝いた。

「今大会は、点を取るところで取れて、守るところで守ることができていました。個々の能力が120%くらい発揮できていたんじゃないでしょうか。このチームは、みんなとても仲が良いので、チームプレーを大事にしてきました。みんなで助け合い協力して、その結果としての優勝だと思います」と伊丹有岡の福井啓二監督は教え子の成長を喜んだ。

決勝の余韻も残るなか、コートでは、スペシャルプログラム第二弾として、フリースタイルフットボーラーのWasseさんによるパフォーマンスが始まった。選手たちは、目の前で繰り広げられる足裏リフティングの世界記録保持者でもあるWasseさんのダンサブルで華麗な技の数々に釘付けだった。

閉会式では、各賞の受賞チームがEXILE TRIBEのメンバーから数々の記念品を手渡され、すべてのプログラムを終えた。夢を持った子どもたちが、将来、見ている人たちに元気や夢を与えられるような サッカー選手に成長してくれることを願って、開催されているEXILE CUP。今年も、出場した選手一人ひとりに、その思いは伝わったのではないだろうか。

(文・写真●山本浩之)

(13.10.05)

試合情報一覧

カテゴリ別新着記事

drisal-bn-300×80


school_01 サッカースクール都道府県別一覧
体験入学でスクールを選ぼう!

◇PICK UP サッカースクール◇

おすすめ記事


Twitter Facebook

チームリンク